新刊ピックアップ

「何をすればよいのか」が見えてくる!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Web担当者に任命された!

もし,ある日突然,勤務している会社のWeb担当者になることが決まってしまった場合,どうしたらよいのでしょうか?

Web担当者がどういう仕事なのか,皆目,検討もつかないのではないでしょうか?前任者がいれば,教えてもらうこともできるでしょう。しかし,引継ぎは,関係者の紹介だけだったというケースもあるようです。

そもそもWeb担当者って?

Webサイトを通じて,目的を達成する人のことをいいます。商品を販売したいとか,情報を発信したいなど目的はさまざまですが,多くの人にWebサイトに訪問してもらい,目的を達成いく役割を担っています。

Web担当者の仕事って?

Web担当者の業務を分類すると,大きくは以下のことを行います。

  • ① Webサイトの構築
  • ② Webサイトの管理
  • ③ Webサイトへの集客
  • ④ Webサイトの分析
  • ⑤ Webサイトの改善

Webサイトの構築・管理とは?

まずは,Webサイトを「構築」します。Webサイトを構築するには,どのような目的のWebサイトを作りたいのかを明確にした上で行う必要があります。実際の構築は,制作会社に依頼することもありますし,CMS(Content Management System)という仕組みを使い自社で行うこともあります。

でき上ったWebサイトは「管理」していかなければなりません。都度,「お知らせ」「ニュース」などのトピックスを掲載していく必要がありますし,ユーザーから問い合わせがあった場合には対応する必要があります。

Webサイトの集客・分析・改善とは?

Webサイトは,その存在を知ってもらう努力をしなければ,誰にも見てもらえません。そこで,「集客」を行う必要があります。さまざまな方法がありますが,代表的な方法として,検索エンジンの検索結果に上位表示されるように工夫する方法と,広告を出稿する方法があります。

それらを行ったあと,望んだとおりの結果を得られたのかどうかを知るために「分析」します。その際に,アクセスログツールを使って数値で結果を分析していきます。その分析結果を踏まえて,よりよいWebサイトに育て上げていくために「改善」を行います。

また,Webサイトを運営するためには,法律の知識も必要です。

Web担当者が「何をすればよいのか」を学ぶには?

新人IT担当者のための Webサイト 構築&運営がわかる本は,

  • どういう仕事なの?
  • どうやって運営するの?
  • 誰にも相談できない!

そういった疑問や不安を感じたときに読む書籍です。まずは本書を読んで,業務の全体像を把握し,実務に活かしてみてください。

コメント

コメントの記入