新刊ピックアップ

手を動かしならSwiftを学ぼう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Swiftってなに?

Swiftは,iOS,macOS向けアプリケーションの開発言語として2014年に登場しました。現在では,以前の開発言語であるObjective-Cからの移行は着実に進んでおり,これからiOS,macOS向けアプリケーションを開発するのであれば,開発言語にはSwiftを選択するべきです。また,2015年12月のオープンソース化と同時にLinuxのサポートを開始し,今後はより広い範囲での利用が予想されます。

Swiftの最大の特徴は安全性です。バグを招きやすいあいまいな記述は許されず,多くのプログラムの誤りは実行前に検出されます。安全性に次ぐ特徴は,高い表現力です。モダンな言語が持つ先進的な機能を取り入れながらも,それらを直感的に利用できるようにデザインされています。

Swiftの情報源

Swiftは簡潔な言語ですが,その言語仕様を理解し,正しく使うことはけっして容易ではありません。Appleの公式ドキュメントをはじめとして,どんな(what)言語仕様があり,それらをどのように(how)使うかに関しては豊富な情報源があります。しかし,それらがなぜ(why)存在し,いつ(when)使うべきかについてまとまった情報があるとは言えません。

画像

手を動かしならSwiftを学ぼう!

Swift実践入門では,読者のみなさんの「なぜ」「いつ」を解消することにも主眼を置いています。はじめにSwiftの標準的な機能を一通り解説し,続いて型の設計指針や非同期処理,エラー処理などの実装パターンを説明します。最後に,実践的なSwiftアプリケーションの開発を通じて,それまでに説明した機能と実装パターンの具体的な活用方法を示します。

また,本書に登場するサンプルコードはXcodeのPlaygroundを用いて対話的に実行できるため,実際に手を動かしながら,リアルタイムで実行結果を確認できます。

みなさんも,本書を片手に,Swiftを学んでください!

『Swift実践入門』⁠技術評論社,2017)⁠
「はじめに」および第1章「Swiftはどのような言語か」より

コメント

コメントの記入