新春特別企画

次のフェーズに進むには?~2015年の電子書籍と電子出版ビジネス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

あけましておめでとうございます。技術評論社の馮です。2015年を迎えました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年2014年は電子出版市場規模が1,000億円を超え,さらに拡大する見込みと見られています。この勢いを落とさずに電子出版市場を拡大し,電子出版ビジネスのさらなる成熟に向けて,2015年はより重要な1年になると筆者は考えています。

今回のコラムでは昨年の振り返りをしたうえで,筆者自身が考えている今後の展望と理想について触れてみます。

なお,今回で5回目となる電子出版・電子書籍関する年頭コラム。過去4年のコラムをご覧いただくとこれまでの日本の電子出版ビジネスの1つの流れが見えてくるのではないかと思いますので,併せてご覧ください。

ビジネスとして上昇気流に乗った2014年の電子出版ビジネス業界

ついに1,000億市場へ突入

昨年6月に株式会社インプレスビジネスメディアから発表された報告によれば,日本の電子出版市場は2013年度に1,000億超え(電子書籍・電子雑誌合わせて)とされており,2014年度は日本の電子出版市場規模が確実に1,000億を超える見込みであることが発表されています。

この流れを支えているのが,読者の手元にあるデバイス,スマートフォン・スマートタブレットの普及,さらにその上で動く電子ブックリーダーの進化が挙げられるでしょう。また,昨年のコラムでも書いたとおり,日本の電子出版業界にもEPUBが浸透し始め,リフロー型・Fixed型にかかわらず,EPUBで提供されるコンテンツが増えたことも,市場拡大の要因の1つと考えられます。

大手電子書店Kindleが牽引,他にもLINEマンガやdマガジンなどスマートフォンからのアプローチが拡充

コンテンツが整備されたことに加えて,そのコンテンツを読者に届ける電子書店の認知度が高まり,利便性が良くなったことも市場拡大の要因の1つです。

2010年以降の日本の電子出版業界は多数の電子書店が生まれ,乱立状態が続きました。その後,2013年後半~2014年にかけて状況は一段落したというのが筆者の印象です。

まず,日本でとくに顕著に拡大したのがAmazon Kindleストアで,ジャンルを問わずさまざまな電子書籍が読めるようになりました。その他,楽天Koboやhonto,BookLive!など,各種電子書店にようやく読者が欲しいコンテンツが揃いはじめてきたと言えるでしょう。

その結果,読者が電子書店に集まり,さらに,リアル書店と比較して購入しやすい(ワンクリックまたはそれに近い簡単な操作で購入できる)という状況も電子出版市場には好影響を与えていると思います。

もう1点,電子出版市場の日本ならではの特徴として「マンガ」の電子化が挙げられます。もともとマンガは日本が世界に誇れるコンテンツとして認識されていますが,電子出版業界では,携帯電話(いわゆるガラケー)時代から唯一ビジネスが成立していた電子書籍のジャンルの1つでもあり,それがスマートフォンに移ってまた新しい形で市場を形成しています。

たとえば昨年のコラムでも紹介したLINEマンガや,2014年に関して言えば『週刊少年ジャンプ』のアプリ化およびサイマル出版にも注目が集まり,読者数を増やしています。マンガをはじめ,雑誌の電子化に関しては,1冊ごとの販売だけではなく,たとえば,読み放題や定期購読といったサブスクリプションモデル(利用期間に対して対価を払う)が適用できることも好調な理由の1つでしょう。また,たとえば,NTTドコモのdマガジンなど,ガラケー時代のキャリア課金に慣れていたユーザにとって各キャリアが提供し始めた電子書籍・雑誌サービスも利用しやすく,結果として市場拡大につながったと考えています。

出版社とネットサービスの融合

もう1つ,2014年には,電子出版業界というよりは出版業界全体として大きなニュースがありました。10月に行われた株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴの経営統合です。両社は,経営統合に合わせて「KADOKAWA dwango 統合キャンペーン ニコニコカドカワ祭り」と銘打ったさまざまなキャンペーンを行うなど,電子出版を含めた出版ビジネスに関する新しい動きが見え始めています。

中でも筆者が注目したいのは,両者が統合したことにより,これまでドワンゴが提供していたクリエイターが活躍できるニコニコの世界観が,今後のコンテンツ産業に大きな影響を与えていく可能性がある点です。クリエイターが活躍でき,それに対する報酬が生まれる世界ができあがれば,電子出版市場がさらに拡大していくと考えているからです。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入