スマホ時代のCGMサイト 企画・UI/UXのポイント

第6回(最終回) CGMはどう変化するか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

これまで,スマートフォンのCGMに関して,

とご紹介してきましたが,本稿では今後のCGMを取り巻く環境の変化と,変化への備えに付いてをテーマにしたいと思います。

この2,3年で起きた環境の変化

スマートフォンの普及に伴い,この2,3年でCGMを取り巻く環境は大きく変わりました。

サービス利用場所の変化,細切れ時間の増加,ユーザリテラシーの向上,プラットフォームの課金システムの確立,現在地情報の利用,Facebook・Twitterの拡大,メールからLINEへの移行,ゲームの収益化と投資資金の循環,TVCMの加速などがあります。

こういった変化を3年前に予想できたかといえば,予想できることもあったし予想しきれなかったことも数多くあったのではないかと思います。

どのような変化が起きるのか

では,今後CGMを取り巻く状況はどう変化するのでしょうか?

  • プラットフォーマーの台頭
  • 集客構造の変化
  • キュレーション
  • パーソナライズ
  • 薄い情報の爆発
  • 新しい広告
  • プライバシーの共通意識
  • ユーザ環境の変化
  • ウェアラブルの普及

上記のように数多くの予想ができるため「どこに変化が起きるのか」は予想できても,⁠どの方向に,どのくらい変化するのか」を予想するのは非常に難しい問題です。運営者としてすべきことは,どこに変化が起きるのかを把握しつつ,変化の方向性にはどんなパターンがあるのかをある程度把握し,変化のタイミングで適切に舵を切ることでしょう。

以下の章では,いくつかの変化が起きる部分を指摘し,どういった備えをすべきかを整理していきます。

プラットフォーマーの台頭

ある分野のCGMに事業としての「うま味」がありそうであればあるほど,そこにGoogleやFacebookと言った「プラットフォーマー」が進出してくるリスクが大きいと言って良いでしょう。とくに最近のLINE,Yahoo! JAPAN,Facebookなどのプラットフォーマーは主力事業以外の収益源を探す動きを加速させています。

プラットフォーマーは膨大なユーザー数を抱えているため,CGM特有の「最初にどうやってコンテンツ量を集めるか」という問題をクリアして競合に差を付けやすいためです。パワーは強大であるため,後発であっても一気に巻き返される脅威を感じざるを得ません。

たとえばフリル,パシャオク,メルカリなどが先発していたCtoCコマースアプリにも,LINEモールとしてLINEが参戦。LINEモールの直接の影響ではないにせよ,この領域ではすでにパシャオク,bolo,マムズフリマ,などのアプリが閉鎖を発表しています。

LINEのアプリ「LINEモール」

LINEのアプリ「LINEモール」

先発のフリル

先発のフリル

脅威となるプラットフォーマーとしては,以下のようなものがあげられます

  • Facebook
  • Google
  • LINE
  • Apple
  • 携帯キャリア(docomo,ソフトバンク,au)

筆者の運営するグルメCGMのRettyも,常にFacebookやLINEなどのプラットフォーマーによる脅威があると思っています。Facebookは飲食店へのチェックイン情報や星の評価を集めるテストを繰り返していましたし,スマートフォンアプリでは飲食店を検索する機能が浅い階層に設置されたこともありました。

LINEも「LINE@」をリリースして飲食店とユーザの接点を作ろうという動きを見せていたり,GoogleはGoogle+で飲食店の口コミ情報を重点的に集めていたり,とプラットフォーマーの動きには目が離せません。

著者プロフィール

内野友明(うちのともあき)

現在,グルメサイトRetty(200万ユーザーのCGM)でディレクターをしています。前職はコミュニティ・ファクトリーで,現在2,000万ダウンロードのDECOPICをディレクターとして立上げました。

「グルメサイトRetty」

ユーザーからの口コミを,スマートフォンを中心に閲覧することのできるサービスで,2011年から現在までに80万件の口コミが集まっています。飲食店の口コミ件数では食べログについで業界2位,スマートフォンから集まった口コミに限れば業界1位と言えると思います。

「DECOPIC」

DECOPICは,スマホで撮影した写真をかわいくデコレーションできるアプリで,リリースから順調にユーザー数を伸ばして,2013年に2,000万ダウンロードを突破しました。

コメント

コメントの記入