Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第21回 エディタの話[その13]─ メニューバーのコマンド一覧(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

はじめに

前回に引き続きAndroid Studioのコマンドの紹介を行います。今回はメニューバーに登録されているコマンドについてです。紹介するのは「Fileメニュー」⁠Editメニュー」⁠Codeメニュー」「Windowメニュー」「Helpメニュー」についてですが,内容が多いので前後編に分けて説明します。

前編にあたる今回は,メニューバーのコマンドのカスタマイズ方法(前回のKeymapの補足)「Fileメニュー」についてです。⁠Analyzeメニュー」⁠Refactorメニュー」などは,いずれ別の回で紹介します。

クイックリスト

前回,ショートカットキーのカスタマイズ方法を紹介しましたが,それでも覚えるべき(覚えたい?)コマンドはたくさんあるのでショートカットキーを割り当てるのも"Find in Action"で検索するのも骨が折れます。

その難儀さをちょっとでも解消する方法に「クイックリスト(Quick Lists)⁠という機能があります。クイックリストとは,好みのコマンドを集めたコマンドラウンチャーのようなもので,呼び出すと図1のようなポップアップからコマンドを実行できます。

図1 クイックリストの実行例

図1 クイックリストの実行例

ひとつひとつのコマンドの名前やショートカットキーを覚えるのはしんどいので,いくつかのまとまりでクイックリストを作り,クイックリストにショートカットキーを割り当てた方が,若干負担が減ります。

クイックリストの登録方法は「Preferences / Quick Lists」で行います。

図2 ⁠Preferences / Quick Lists」設定画面

図2 「Preferences / Quick Lists」設定画面

まず,⁠1)で設定変更したいクイックリストを選ぶか,⁠+」アイコンを押して新しくクイックリストを作ります。クイックリストには,それぞれ任意の名称(Display name)をつけることができます。この名称がクイックリストの識別子になるのでユニークな名称にしておいたほうがよいです。

その後,⁠2)のアイコンを操作して,クイックリストにコマンドを登録していきます。⁠2)のアイコンの意味はそれぞれ表1の通りです。

表1 クイックリストのコマンド登録用アイコン一覧

アイコン意味
Addコマンドの追加
Add Separatorセパレータの追加(Darculaだと見づらいです)
Removeコマンドやセパレータの削除
Up / Downコマンドやセパレータを上下に移動

クイックリストの登録はたったこれだけです。ちょっと反則的(?)な使い方ですが,クイックリストにクイックリストを追加することもできます。作成したクイックリストは「Add Actions to Quick List」ダイアログの「Quick Lists」カテゴリに属しています。

図3 クリックリストをさらに別のクイックリストに登録できる

図3 クリックリストをさらに別のクイックリストに登録できる

登録したクリックリストは "Find in Action" で検索できます(ただし「Include non-menu actions」をチェックしておくこと)⁠

図4 "Find in Action"からもクイックリストを実行できる

図4 

また,クイックリストの各コマンドにはショートカットとして数字が付きますが,11個目以降には付きません。その代わりと言ってはなんですが,クイックリストでもクイックサーチは有効なので,コマンド名の一部をタイプしてコマンドを絞り込むことができます(クイックリストをキャンセルしたい場合は「ESCキー」を押します)⁠

クイックリストにショートカットキーを割り当てたい場合は「Preferences / Keymap」で行います。

メニューバーのカスタマイズ(ショートカットキー)

メニューバーに登録されているコマンドは,前回紹介した「Preferences / Keymap」「Main menu」にまとまっています。ショートカットキーを変更する場合は,ここから行います。

図5 ⁠Preferences / Keymap」設定画面

図5 「Preferences / Keymap」設定画面

前回説明しなかった「Editor Actions」以外のカテゴリについて紹介します。

Editor Actions
エディタで使えるコマンドが属しています。それぞれの詳細は前回説明したとおりです。
Main menu
メニューバーに属しているコマンド群です。今回の話題の中心です。折りたたまれている内容を展開すると,図6のようにメニューバーの並びに対応したコマンドが登録されています。

図6 ⁠Preferences / Keymap」「Main menu」の展開例

図6 「Preferences / Keymap」の「Main menu」の展開例

後述しますが「Main menu」には前回紹介した「Editor Actions」と同じコマンドが登録されています。実体はひとつなので,どちらか一方にショートカットキーを割り当てると,もう一方にも同じショートカットキーが割り当てられます。

図7 ⁠Editor Actions」「Main menu」に重複しているコマンドの例(クリックすると動きがわかります)

「⁠Editor Actions」「Main menu」に重複しているコマンドの例` &title=`図7 ⁠Editor Actions」「Main menu」に重複しているコマンドの例` &width=`400` />

Version Control Systems
SubversionやGitなどのバージョンコントロールシステムを操作するコマンドが属しています。
External Tools
「Preferences / External Tools」で登録した外部ツールが一覧されています。外部ツールにショートカットキーを割り当てるのに用います。
Debugger Actions
デバッガ用のコマンドなんですが,登録されているのは「JavaDebbugerActions」だたひとつです。これにショートカットキーを割り当てても意味ないのかな?と思ってます(そもそも用途もわかっていません)⁠
Maven Goals
Mavenのそれぞれのゴールにショートカットキーを割り当てできますが,Android StudioではMavenを使わないので,そもそも不要でしょう。これは元がIntelliJであるとか,Android Studioの内部的な都合でMavenサポートを含んでいるなどの別の理由で残っているだけだと思います。
Macros
登録済みのマクロが一覧されています。マクロにショートカットキーを割り当てるのに用います(マクロそのものについては,後編で説明します)⁠
Quick Lists
先ほど紹介した登録済みのクイックリストが一覧されています。クイックリストにショートカットキーを割り当てるのに用います。
Plug-ins
インストールしているプラグインごとに使用可能なコマンドが一覧できます。詳しくはプラグインの回に説明しますが,プラグインがどのようなコマンドを持っているのか確認できて便利です。
Other
その他,雑多なコマンドが属しています。

この連載でAndroid Studioの全てのコマンドを紹介できませんが,お暇なときにこのあたりを斜め読みしてどのようなコマンドがあるのか探索してみるのもよいと思います。

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入