Re:PoIC~ライフハッカーのためのPoIC入門

第7回[最終回] Re:PoIC~Knowledge Navigator(ナレッジ・ナビゲーター)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

画像

実のところ,当初「Re:PoIC」で書こうと思っていた構想は,前回までの内容ですべてでした。ところが,原稿を書きながら,改めてPoICについて深く考えているうちに,思いもよらぬ考えが浮かんできました。

例えるならば,真夜中にヘッドライトで照らされた道を,狭い視界で確認しつつ,グルグルと螺旋を描くようにして辿り着いた山頂が,夜が明けてみたら実は有名な観光地だったと気付き,「ああ,ここだったのか」と驚くといった感じです。

そして,今まで辿ってきたルートが,実はPoICの4つのタグを巡るルートだったのだな,と気づいたのでした。これはそのルートの記録,いわばドライブマップです。

また,以下の稿はあくまでも,PoICに対する現在の僕の考え方,感じ方であり,PoIC提唱者であるHawk氏とは,いっさい関係ないことを明言しておきます。

4つのタグ

PoICには,データウェアハウス,つまり個人的な意思決定支援ツールとしての側面が存在する,ということは第3回ですでに述べました。

PoICをデータウェアハウスとみなすと,それは意思決定のための雑多な判断材料,つまり過去の記憶を時系列順に貯めたものと考えることができます。

そして,その雑多な情報はPoIC上で,詳細なジャンルやカテゴリーではなく,ただ4つのタグで分類されています。

なぜPoICは,4つのタグのみの分類でうまく機能するのでしょうか。それを知るために,まず記憶に関してごく簡単にまとめてみたいと思います。

記憶の分類

記憶はその情報の種類によって,いくつかのカテゴリーに分類できます。

記憶と脳,心理学と神経科学の統合を著したスクワイアの記憶分類によると記憶は,下図のように分類されます。

画像

では,それぞれの機能は一体どうなっているのでしょうか。

記憶について

記憶はまず,短期記憶と長期記憶に分けられます。

短期記憶

短期記憶(STM = Short-Term Memory)は,一時的にとどめられた当座の記憶のことで,作業記憶(ワーキングメモリ)とも呼ばれています。

ワーキングメモリは,短期記憶の概念をさらに拡大したもので,ただ情報をとどめておくだけだと考えられていた短期記憶に対して,情報の貯蔵にとどまらず,情報の操作や処理を行うところとして想定された,ごく短時間の記憶過程のことです。

長期記憶

長期記憶(LTM = Long-Term Memory)は,さらに非陳述記憶と陳述記憶に分けられます。

非陳述記憶

非陳述記憶(手続き記憶)とは,意識にのぼらない記憶です。「何かを行うときのやり方(How To)」に関する知識であり,自分が何をしているかについての意識を伴わないこともあります。例えば,自転車にはどうやって乗っているのか,などといったことです。これらの記憶は言語化することが困難であり,故に非陳述記憶と呼ばれています。

連載第4回「暗黙知」と表現したGTDの,「言葉では言い表すことができない領域の知識」は,ここに含まれます。

陳述記憶

陳述記憶は,意識的に想起できる知識のことであり,これにより日常生活に必要な事柄を,意識的に思い出したり認識したりすることが出来ます。

一般にただ「記憶」と言う場合には,この陳述記憶を指しています。

陳述記憶は,さらに「エピソード記憶」「意味記憶」に分けられます。

エピソード記憶

エピソード記憶は生活記憶とも呼ばれています。特定の出来事やエピソードを覚える能力で,「いつ」「どこで」体験したかという,「コンテキスト(文脈)」が重要となります。自分が直接経験した自伝的記憶と,情報媒体(メディア)を介して間接的に受け取った社会的出来事の記憶があります。

意味記憶

意味記憶は,知的記憶とも呼ばれ,これは事実や一般的知識など,文脈に依存しない情報のことです。

展望的記憶

また,展望的記憶と呼ばれる記憶もあります。

これは他の記憶が過去の情報であるのに対して,将来の行動に関する特殊な記憶のことです。この記憶には,「いつの時期」「いかなる行動」を行うのかという2種類の情報が必ず含まれています。

この展望的記憶に対して,上記の過去に経験した出来事の記憶をまとめて「回想的記憶」と呼びます。

以上のように記憶は,その機能によって以上のように分類され,ワーキングメモリは,前頭葉前頭前野に,短期記憶は海馬に,長期記憶は「連合野皮質」に貯えられます。

コンピュータになぞらえると,ワーキングメモリの前頭前野は「RAM」,短期記憶の海馬は「ハードディスク」,長期記憶の連合野皮質はDVD-ROMなどの「バックアップ」と考えることができます。

著者プロフィール

野ざらし亭(のざらしてい)

「Blog:野ざらし亭」亭主。他人のアイデアに相乗りする自称知的ヒッチハイカー。現在 はPoICの荷台に厄介になっている。

Blog:野ざらし亭
URLhttp://scribbler.cocolog-nifty.com/

コメント

コメントの記入