基礎入門シリーズ改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本

[表紙]改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本

紙版発売

B5判/208ページ

定価2,860円(本体2,600円+税10%)

ISBN 978-4-297-13290-3

電子版
  • 電子化の予定があります

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

多くの周辺モジュールを内蔵し機能が大幅に拡張され,格段に高機能になった8ピンPICマイコン。本書はこの8ピンのPICマイコンを使った,高機能で実用的な作品の作り方を紹介した入門書です。簡単なLEDボードの製作から,液晶表示器や温湿度センサの使い方,パソコンとの通信,Wi-Fiを使ってクラウドにデータを送信しグラフ表示させるところまで,具体的な製作方法を紹介しています。なお,今回はブレッドボードを使いましたので,簡単かつすぐに試すことができます。

プログラムの開発にはすべてフリーの開発環境を使い,もっとも応用のきくC言語を使って進めます。さらに,最新のコード自動生成ツールであるMCCを使いましたので,グラフィカルな画面で,設定するだけで周辺モジュールの初期化関数や制御用関数をC言語で自動生成してくれます。

こんな方におすすめ

  • 電子工作を楽しみたい方
  • プログラミングを学習したい方
  • フリーのC言語で解説したものを探している方

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

サンプル画像4

サンプル画像5

目次

第1章 PICマイコンの概要

  • 1-1 PICマイコンの特徴
  • 1-2 PIC16F1ファミリの内部構成と動作
  • 1-3 ハードウェア設計ガイド
  • 1-4 プログラム開発環境
  • 1-5 MCCのインストール方法

第2章 プログラムの作り方

  • 2-1 MCCによるプログラム作成手順
  • 2-2 プロジェクトの作成とMCCの起動
  • 2-3 クロックとコンフィギュレーション設定
  • 2-4 MCCにより生成されるプログラムの構成
  • 2-5 コンパイルと書き込み実行
  • 2-6 実機デバッグの仕方

第3章 入出力ピンの使い方

  • 3-1 入出力ピンとは
  • 3-2 LEDボードのハードウェア製作
  • 3-3 LEDボードのプログラム製作

第4章 I2C通信とI2Cモジュールの使い方

  • 4-1 I2C通信とI2Cモジュールの使い方
  • 4-2 製作例 温湿度計の構成と機能仕様
  • 4-3 温湿度計のハードウェアの製作
  • 4-4 温湿度計のプログラム製作

第5章 タイマと割り込みの使い方

  • 5-1 内蔵タイマの構成と使い方
  • 5-2 周波数カウンタの構成と機能仕様
  • 5-3 周波数カウンタのハードウェアの製作
  • 5-4 周波数カウンタのプログラムの製作

第6章 シリアル通信とEUSARTモジュールの使い方

  • 6-1 シリアル通信とEUSARTモジュールの使い方
  • 6-2 GPSモニタの構成と機能仕様
  • 6-3 GPSモニタのハードウェアの製作
  • 6-4 GPSモニタのプログラム製作

第7章 アナログ信号とA/Dコンバータの使い方

  • 7-1 A/Dコンバータの使い方
  • 7-2 水準器の構成と機能仕様
  • 7-3 水準器のハードウェア製作
  • 7-4 水準器のプログラム製作

第8章 IoTターミナルの製作

  • 8-1 IoTターミナルのシステム構成
  • 8-2 Ambientクラウドの使い方
  • 8-3 IoTターミナルのハードウェア製作
  • 8-4 IoTターミナルのプログラムの製作
  • 8-5 グラフ設定方法とインターネット公開

著者プロフィール

後閑哲也(ごかんてつや)

1947年愛知県名古屋市で生まれる。1971年東北大学工学部応用物理学科卒業。1996年ホームページ「電子工作の実験室」を開設,子供のころからの電子工作の趣味の世界と,仕事としているコンピュータの世界を融合した遊びの世界を紹介。2003年有限会社マイクロチップ・デザインラボ設立。