書籍概要

改訂第4版 C言語スタートブック

著者
発売日
更新日

概要

C言語の入門書としてご好評いただいている「C言語スタートブック」の改訂版です。
よりわかりやすさを追求するため,サンプルプログラムの変更や図の刷新など,大幅な増補改訂を行っています。また,プログラムがうまく動かない場合の解決策を提示する「プログラミングアシスタント」や,理解度の確認に役立つ章末問題「Let's challenge」などを,新要素として用意しています。付属CD-ROMに収録された穴埋めプログラムを使って,基礎の基礎からC言語を学べるので,独学書として最適です!

こんな方におすすめ

  • 本格的にプログラミングの学習を始めたい方

サンプル

目次

第1章 プログラミングやってみよう

  • 1-01 プログラミングってなんだろう
  • 1-02 実行環境の準備
  • 1-03 コンパイラのテスト
  • 1-04 初めて書くCプログラム
  • まとめ
  • Let's challenge

第2章 計算してみよう

  • 2-01 データの型
  • 2-02 変数の利用
  • 2-03 演算
  • 2-04 データの入力
  • まとめ
  • Let's challenge

第3章 配列を使ってみよう

  • 3-01 配列とは何か
  • 3-02 配列を利用する
  • 3-03 配列を使って文字列を扱う
  • まとめ
  • Let's challenge

第4章 制御してみよう

  • 4-01 プログラムの流れを制御する
  • 4-02 繰り返し構造1
  • 4-03 繰り返し構造2
  • 4-04 選択構造
  • 4-05 多分岐
  • 4-06 繰り返しと選択の組み合わせ
  • まとめ
  • Let's challenge

第5章 関数を利用しよう

  • 5-01 関数とは
  • 5-02 関数定義と関数呼び出し
  • 5-03 関数に渡す引数
  • 5-04 関数からの戻り値
  • 5-05 ライブラリ関数
  • まとめ
  • Let's challenge

第6章 計算してみよう

  • 6-01 ポインタって何?
  • 6-02 ポインタ変数を使う
  • 6-03 配列を指すポインタ
  • 6-04 ポインタを並べて配列にする
  • 6-05 関数の引数にポインタを指定する
  • 6-06 ポインタを関数の戻り値にする
  • まとめ
  • Let's challenge

第7章 構造体でデータを扱おう

  • 7-01 構造体を利用するには
  • 7-02 構造体型の変数を使うには
  • 7-03 構造体型の配列を使う
  • 7-04 関数の引数と戻り値に構造体型を指定する
  • 7-05 構造体を指すポインタを利用する
  • まとめ
  • 付録 Visual Studioのインストール

サポート

ダウンロード

本書の解説で用いているサンプルファイルをダウンロードできます。適宜解凍してご利用ください。

ダウンロード
sample.zip

各種インストーラについて

CD-ROMに収録されている「C++ Compiler」および「TeraPad」のインストーラは,下記サイト上でダウンロードが可能です。弊社サポートページ上での配布は行っておりませんので,ご了承ください。

外部サイト

電子版用ダウンロード

電子版用に,付録CD-ROM収録コンテンツを以下から入手できます。ダウンロードには電子版本紙に掲載されているIDとパスワードが必要です。

商品一覧