gihyo.jp special

コード操作,リバースエンジニアリングに対するJavaの脆弱性を克服する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Java環境はプラットフォームに依存しないため,開発者にますます人気となっています。しかし,Javaのオープンソースコードと公開されている.classファイル形式,またシンプルな命令セットは,悪意のあるコード解析にさらされたままの状態です。企業は市販のアプリケーションをJavaに移行しているため,その重要な知的財産は,リバースエンジニアリング,コード操作,盗難の危険にさらされています。現在,.classファイルの暗号化とソースコードやバイトコードレベルでの難読化の2つが,リバースエンジニアリングを防ぐために開発者が使用している主な対策です。それでもまだ脆弱性は残っています。

このホワイトペーパーでは,Javaコードの脆弱性の本質や,既存のソリューションの限界,さらにJavaコードの包括的なエンベロープ(難読化と暗号化の組み合わせ)がいかにして重要なアルゴリズムやその他の知的財産を保護する理想的なソリューションになるかについて検証します。

ここから先は,技評アカウントをお持ちの方のみご覧いただけます。
以下のフォームにメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

メールアドレス:
パスワード:

登録済み情報の確認・更新はこちら
パスワードをお忘れの方はこちら

または,以下の外部サービスで認証してください。

コメント

コメントの記入