Ubuntu Weekly Recipe

第84回 「普通のUbuntu」をネットブックで使う~Dell Inspiron Mini 10vの利用~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

DellからリリースされたInspiron Mini 10vは,3万円程度で入手できる,非常に廉価なネットブックです。今回は,10vを購入した筆者が,「普通のUbuntuをネットブックで使う」ために行った幾つかの設定を紹介します。

9.04をネットブックで使う

Ubuntuには,ネットブック環境で利用するための「Ubuntu Netbook Remix(UNR)」というRemixリリースが存在します。狭い画面で使うためのチューニングが施されており,ネットブック環境で利用しやすいように整えられたリリースです。

また,Mini 10vのUbuntuモデル(後述の通り,今回利用するのはUbuntuモデルです)には図1のような,Dellカスタム版のUNRが導入されており,きちんとチューニングされた使いやすいすさと,8.04ベースとは思えない高速起動(9.04と同程度の速度で起動します)が実現されています。

図1 Del版のUNR

図1 Del版のUNR

ですが,今回はあえて「普通の」Ubuntuを用いて,狭い画面でもそれなりに使える環境を構築してみます。主な理由は,「UNRではCompiz(3Dデスクトップ)が使えないから」です。完成した状態のスクリーンショットは,図2のようになります。

図2 最終的なデスクトップ

図2 最終的なデスクトップ

Mini 10vのハードウェア構成

今回取り上げるMini 10vは,以下の仕様のものです。8GB SSD搭載のUbuntuモデルをベースに,CPUをAtom N280にアップグレードし,キーボードを英語キーボードにしたもので,「2009年夏のネットブック」としてはほぼ標準的なスペックです注1)。

  • インテル(R) Atom(TM) プロセッサー N280(1.66GHz)
  • 英語キーボード
  • 1GB DDR2-SDRAM メモリ
  • 8GB SSD(ソリッドステートドライブ)
  • Ubuntu 8.04(DELLカスタマイズ版)
  • (Ubuntu用)130万画素ウェブカメラ
  • 10.1インチ TFT WSVGA 光沢液晶ディスプレイ(WLED)(1024x600)
  • 3セルバッテリ
  • Dell Wireless(TM) 1397 内蔵ワイヤレスLAN Half-Miniカード(802.11b/g)

この構成の標準価格は約33,000円程度と,N280を搭載したネットブックの中ではかなり低価格です。さらにクーポンを併用することで,ここから価格が下がることもあり,実験用・学習用のネットブックとしては入手しやすいものです。

また,10inchワイドの液晶ディスプレイ・それなりのサイズのキーボードを持ちながら重量は1.1kgですので,サブマシンとして持ち歩くことも難しくありません。現実的な機能を備え注2),しかも携帯用ゲーム機に1万円をプラスした程度の価格なので,「試しに」買ってみた方も多いのではないでしょうか。

注意:
Inspiron Mini 10vでのUbuntu 9.04の動作は,Dell・編集部・筆者ともにこれを保証するものではありません。ファームウェアや仕様部材の変更などで,9.04を含めたUbuntuがある日動かなくなる可能性はあります。
注1
第81回第82回に続いてのDell製品の登場ですが,特に深い意味はなく,単に安かったからです。
注2
ただし,ごく普通の「PC」としての使い方を考えるなら,もう3,150円を追加して,160GB HDDにアップグレードしておくべきです。8GB SSDや,16GB SSDでは一般的なOSとして使っていくと,やや手狭なはずです。

インストールする前の注意

Mini 10vで通常版のUbuntuを利用する際には,「Dellからのサポートが得られない」という当然の点に加えて,幾つかの注意点があります。

元の環境に戻すには外付光学ドライブが必要

Ubuntu版のMini 10vには,リカバリ用のDVDが添付されていますが,これを利用するにはUSB接続の外付け光学ドライブが必要です。光学ドライブなしに以下の操作を試す場合,もとの環境に戻すためには余計な出費が発生する可能性があります。

もし,他のPCを一切持っていない(あるいは他のPCを持っているが,全て光学ドライブが搭載されていない)場合は,そもそも9.04のインストールが困難になりますので,できれば光学ドライブを入手してください。

無線LANを有効にしておく

Ubuntu版Mini 10vでは,キーボード操作によって無線LANの有効・無効を制御できるようになっています。[Fn]+[F2]もしくは[F2]単独キーで切り替えます。

これを「無効」にした状態でUbuntu 9.04をインストールしてしまうと,「デバイスとしては有効だが,電波を流せない」という不思議な状態に陥ってしまいます。

9.04をインストールする前に,必ず「有効」であることを確認してください。デバイスが有効かどうかは,画面右上の「ネットワーク・マネージャ」のアイコン図3の,左から二番目のアイコン)をクリックし,「無線LANの電波を検知すること」(接続先の候補がリストされること),もしくは無線LANで接続できる状態であることを確認します。

アイコン上に赤Xマークが表示されていますが,これは有効・無効とは直接関係しません。

図3 ネットワーク・マネージャ

図3 ネットワーク・マネージャ

ファンクションキーの設定

一般的なノートPCでは,『「ファンクションキー([F1][F12])」を[Fn]を押しながら操作することでマルチメディアキーとして機能する』という設定となっています。が,Mini 10vではこの逆の設定となっており,「ファンクションキーを動作させるためには[Fn]を押す」という設定となっています。これは非常に面倒ですので,設定を解除しておくと良いでしょう。

起動時に[F2]キーを([Fn]キーを押下せずに)押し,BIOS設定画面に入ったら,Advancedタブにある「Function Key Behavior」「Multimedia」から「Function」に変更します。

なお,ファンクションキーを利用する代表的な操作のうち,特に筆者が好んで使うものを以下に示します。

  • (ファイルを選択して)[F2]:ファイルの名前の変更
  • [Alt]+[F1]:GNOMEのメニュー(画面上部の「アプリケーション」などのメニュー)へフォーカスを移動
  • [Alt]+[F2]「アプリケーションの実行」ダイアログの呼び出し
  • [Alt]+[F4]:アプリケーションを閉じる(アプリケーションの終了)
  • [F11](対応しているアプリケーションの)全画面化注3

以下は筆者は用いませんが注4),覚えておくと役に立つかもしれません。

  • [Alt]+[F7]:ウインドウの移動
  • [Alt]+[F8]:ウインドウのリサイズ
  • [Alt]+[F9]:ウインドウの最小化
  • [Alt]+[F10]:ウインドウの最大化
注3
Firefox・gnome-terminal・geditなど,多くのアプリケーションが対応しています。
注4
ファンクションキーを用いた操作ではなく,[Alt]+[Space]でウインドウメニューを表示させ,そこで[M]キーを押して移動,[X]キーで最大化,といった形の操作を多用しているためです。

インストールメディアの作成

Mini 10vのような光学ドライブが搭載されていないマシンにUbuntuをインストールする場合,主なやり方は3通りあります。

  • USBインストールディスクを作成し,USBブートする。
  • 外付け光学ドライブを接続する。
  • ネットワークブートでインストールするこんな風に)。

二番目の選択肢には当然ながら外付け光学ドライブが,三番目の選択肢にはインストールサーバーが必要ですので,ほとんどの場合は最初の選択肢を用いることになるでしょう注5)。

注5
この選択肢にも1GB以上の容量を持つUSBメモリが必要になりますが,通販や量販店などで入手すれば,高くても1,000円程度で入手できるはずです。ただし,後述の通り「Mini 10v以外の,光学ドライブを持つマシン」が別途必要になりますので,その場合は光学ドライブを確保し,二番目の選択肢を用いてください。

Ubuntu 9.04の場合,LiveCDでシステムを起動できれば,「USB スタートアップディスク」を作成することができます。9.04のCDを準備し,[システム][システム管理][USB スタートアップディスクの作成]を選択します図4)。

図4 メニューのUSB Creator

図4 メニューのUSB Creator

図5のようなウインドウが表示されるはずです。指示に従って,USBスタートアップディスクを作成します。

図5 USB スタートアップ・ディスクの作成

図5 USB スタートアップ・ディスクの作成

LiveCD環境であれば「インストール元ディスクイメージ」として起動に用いたディスクが認識されているはずです。USBメモリを差し込むと,「使用するUSBディスク」欄にリストされるでしょう。「データ保存領域を確保し……」を選択することで,インストールだけでなく,Live環境で行った変更を保存できるようにも設定できますが,今回はインストールのみを行いますので,「シャットダウン時に,全ての変更は破棄されます」を選択します。

「スタートアップ・ディスクの作成」をクリックすると,USBメモリにLiveCDの内容がコピーされ,インストールメディアとして利用できるようになります。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入