Ubuntu Weekly Recipe

第712回 Ubuntu 22.04 LTSの変更点

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

明日4月21日にリリースされる予定のUbuntu 22.04 LTSの大きな変更点をかいつまんでお知らせします。

Ubuntu 22.04 LTS

4月21日にUbuntu 22.04 LTS(Jammy Jellyfish)とそのフレーバー(公式派生版)がリリースされる予定です。今回はそのUbuntu 22.04 LTSの新機能についていくつかピックアップして紹介します。

単独記事としても読めますが,Software Design 2022年5月号第3特集でUbuntu 22.04 LTS(デスクトップ)の変更点を8ページ,Serverの変更点を7ページ紹介しており,この特集を補う内容となっています。Ubuntu 20.04 LTSからの差分になっているので振り返りにもいいですし,デスクトップ記事には用語集が,サーバー記事には『はじめてのUbuntu Server入門』が掲載されているので初学者にも優しく,ぜひともあわせてご覧ください。

リリースノート

Ubuntu 22.04 LTSを試す前に,必ずリリースノートに目を通してください。リリースノートは,リリース後に公開される(予定の)Ubuntu Weekly Topicsに掲載されます。リリースノートのドラフトは現在でも読めます。

壁紙

Ubuntu 22.04 LTSのコードネームは「Jammy Jellyfish」ということで,もちろん壁紙はクラゲです図1⁠。

図1 Ubuntu 22.04 LTSの初期デスクトップ

図1

この22.04 LTSでは大変珍しいことに,リリース直前に壁紙が差し替えられています。というわけで,⁠Software Design 2022年5月号』第3特集の1章で図1として紹介したスクリーンショットを図2として再掲します。

図2 差し替え前の壁紙を使用したUbuntu 22.04 LTSの初期デスクトップ

図2

日付があるので,特集3に掲載されたものと同一であることがわかるでしょう。

野暮なのでどこが変わったのかは述べませんが,筆者は違いがわかるまでしばらくかかりました。間違い探しは苦手なようです。

Ubuntu 22.04 LTS ≒ GNOME 42

Ubuntu 21.10のGNOMEはバージョン40だったので,22.04 LTSは41をスキップして42となっていますが,41に据え置かれたコンポーネントもあります。まずはいつもの各コンポーネントのバージョンを見ていきましょう。

表1 主要GNOMEコンポーネントの各バージョン

バージョン コンポーネント(パッケージ名)
3.32.x gnome-power-manager
3.34.x gnome-bluetooth
3.36.x gnome-menus
3.38.x gnome-mahjongg
3.40.x gcr
3.44.x gnome-online-accounts, gnome-terminal
40.x gnome-keyring, gnome-mines
41.x adwaita-icon-theme, baobab, cheese, gedit, gnome-calculator, gnome-calendar, gnome-characters, gnome-control-center, gnome-font-viewer, gnome-user-docs, seahorse
42.x deja-dup, eog, evince, file-roller, gdm3, gnome-bluetooth-3-common, gnome-disk-utility, gnome-initial-setup, gnome-logs, gnome-remote-desktop, gnome-session-bin, gnome-settings-daemon, gnome-shell, gnome-sudoku, gnome-system-monitor, mutter-common, nautilus, orca, simple-scan, totem, ubuntu-session, yelp, zenity

リリースバージョンとは少し違いがある可能性はありますが,おおむねこのままでしょう。

いろいろと注目すべき点があるのですが,まずは「スクリーンショット」⁠パッケージ名はgnome-screenshot)がデフォルトではインストールされなくなりました。GNOME Shellにスクリーンショットを撮影する機能がついたからです。しかし,指定した時間の後に撮影する機能はないため,⁠スクリーンショット」を使用する機会がまだあるかもしれません。

調べてみたところ「スクリーンショット」がUbuntuで使用できるようになったのは5.04からだったので※1⁠,17年間お疲れさまでしたということになります。

※1
当時は「gnome-utils」パッケージに含まれていました。単独パッケージになったのは2012年3月リリースのGNOME 3.4からです。

gnome-bluetoothとgnome-bluetooth-3-commonがあるのは気になりますが,後者はGNOME Shellで使用し,新しいぶんいろいろと改善されているとのことです。

GNOMEは40から徐々に最新のツールキットであるGTK4への移行を始めましたが,現在はまだまだGTK3のほうが主流です。それでも42からはいくつかのツールやアプリケーションでGTK4対応が行われました。

しかし,Ubuntu 22.04 LTSでは比較的早い段階でGNOME 42には移行するもののGTK4は見送るという決定をしています。⁠設定」はいち早くGTK4対応を行っていたので,据え置きの憂き目に遭いました。GTK4のエディターであるGNOME Text Editorのデフォルト化も見送られています。他にも理由はありますが,詳しくはリンクをご覧ください。

ただ,この決定でいろいろと混乱したのは事実です。1つは前出のとおりgnome-bluetoothのバージョンで,新しいバージョンが使用できるのはGNOME 42の「設定」からです。よってユーザーインターフェースとライブラリで違うバージョンを使用することになりました。あとはリモートデスクトップもそうなのですが,詳細は後述します。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。