まなびのずかんシリーズ親子で学ぶ 政治のかたち

[表紙]親子で学ぶ 政治のかたち

紙版発売

B5判/160ページ

定価2,948円(本体2,680円+税10%)

ISBN 978-4-297-13795-3

電子版
  • 電子化の予定があります

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

これからの子どもに必須な知識「世界・日本の政治と国のありかた」とは!

国際社会の緊張が極度に高まっている昨今,ほかの国やその主張を理解するには,その国の基礎にある〝政治のかたち〟を知ることが重要です。しかし,政治のことはなかなか難しくて,子どもにはなかなか理解できない……。その声に応えるべく,本書は誕生しました。

小学校中学年から理解できるよう,平易な説明文とポップなイラストで「政治」を徹底解説。さらに,漢字にはすべてルビがふってあるので,子どもだけでも読めてしまう。

  • 「専制主義と民主主義の違いってなに?」
  • 「首相と大統領はなにが違うの?」
  • 「世界の国々って,こんなふうに治められているの!?」

親子で楽しみながらディープなところまで理解できる世界政治の本。本書を読めば,「このニュースはこれが背景なのか」と,よりいっそう理解が深まるでしょう。

こんな方におすすめ

  • 小学校中学年以上の方
  • 政治に興味はあるもののなんだかよくわからない…と感じておられる親子の方々
  • 子どもにわかりやすく政治を解説したい親御さま
  • 公共図書館

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

サンプル画像4

サンプル画像5

目次

【第1章】君主制と共和制

[act.1] 君主制と共和制はどう違う?

  • 君主がおさめる「君主制国家」
  • 君主を否定した「共和制国家」
  • 大統領と首相

[act.2] 専制君主制

  • 王様ひとりでおさめる専制君主制
  • なぜ君主が支配者なのか?
  • 専制君主制をのりこえた啓蒙思想

[act.3] 立憲君主制

  • 「憲法」にもとづく政治「立憲主義」
  • 立憲君主に残された権限と権利
  • 立憲君主の意義

[act.4]共和制

  • 国家元首を人民が選ぶ「共和制」
  • フランス革命の失敗
  • 民衆を信じなかったアメリカ
  • 共和制=民主主義ではない
  • コラム:国王だけじゃない君主制国家「公国」とは?

【第2章】民主制

[act.1] 民主制とはなにか

  • 民が自らを当地する「民主制」
  • 民主制のおこり「直接民主制」
  • 現代に残る「直接民主制」
  • エリートに委ねる「間接民主制」
  • 民主制への批判

[act.2] 民主制における政党

  • 議会を形づくる「政党」
  • 政党の起源と発展
  • 民主制における政党の意義
  • 政党をまとめる「凝集性」「規律」
  • 選挙制度と政党の関係
  • 選挙の比例性と政党システム

[act.3] 議会と執政制度

  • 議会の役割とありかた
  • 提案・審議・採決のルール
  • 執政制度① 議院内閣制
  • さまざまな議院内閣制
  • 執政制度② 大統領制
  • さまざまな大統領制
  • 執政制度③ 半大統領制
  • フランスの半大統領制
  • 執政制度④ 参事会制

[act.4] 民主制における政策

  • 政策が実行されるまで
  • 官僚の役割とルール
  • 官僚制の問題点
  • 利益団体の影響

[act.5] 独裁制

  • ナチス・ドイツの「民主主義」
  • エリートと「全体主義」
  • なぜ独裁が求められるのか?
  • 独裁とは違う!? 全体主義
  • 現代の独裁制を理解する
  • 現代独裁制の分類
  • 独裁後の民主主義
  • コラム:「貴族院」の本来の役割とは?

【第3章】単一国家と連邦

[act.1] 単一国家と連邦はどう違う?

  • 中央政府が地方に優越している「単一国家」
  • 共有の目的のために手を組む「連合」
  • 連合がひとつの国家になる「連邦」

[act.2] 集権と分権

  • 集権と分権の多様さ
  • 4つの分権モデル
  • 分権の度合いを見るポイント
  • コラム:アメリカの州は国家に近い!?

【第4章】政治的な立場

[act.1] 保守とリベラル

  • 伝統的な制度を重んじる「保守」
  • 保守は理性を疑う
  • フェアな正義を重んじるリベラル
  • リベラルの正義がもたらすもの
  • 保守とリベラルの注意点

[act.2] そのほかの政治思想

  • 「リバタリアニズム」とは?
  • 労働者による独裁を選ぶ「共産主義」
  • 反エリートの「ポピュリズム」

著者プロフィール

子どものための「政治のかたち」プロジェクト(こどものためのせいじのかたちぷろじぇくと)

子どもたちに政治に関する知識・情報を伝えるなどの目的をもったクリエイティブ・プロジェクト。政治経済学部出身のライター,小学生の子どもをもつ編集者の3名で構成される。ページを構築するうえで,親子間での対話からつくられた項目も多々ある。