Ubuntu Weekly Recipe

第467回 Ubuntu GNOME 17.04の変更点と,入門者向け情報(インストール,拡張機能の導入)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

拡張機能

GNOME Shellの特徴の一つとして,拡張機能で見た目や使い勝手を変更できます。その拡張機能はWebサイトで配布されていますし,Ubuntuのリポジトリで提供されているものもあります。

Webブラウザーの選択

Webサイトからインストールする場合,Firefox 51以前であれば話が簡単だったのですが,52以降は話がやや難しくなっています。というのも,GNOME Shellの拡張機能はWebブラウザーからインストールなどの管理を行えるのですが,これはNPAPIプラグインで実装されています。しかしFirefox 52からはNPAPIプラグインが原則として有効ではありません。

その対応のため,Ubuntu GNOMEではchrome-gnome-shellというGoogle Chrome/Chromium用パッケージがインストールされています。しかし,これはもちろんFirefoxからは使用できず,Chromiumはインストールされていません。

よって,次の2つの選択肢があります。

  1. Firefoxにアドオンをインストールする
  2. Chromiumをインストールする

それぞれ見ていきましょう。

Firefoxにアドオンをインストールする方法は,GNOME Shell拡張機能のWebページに説明があります図20)⁠⁠Click here to install browser extensions」をクリックし,指示に従ってインストールします。完了後,再読込すると先ほどまで表示されていた情報が消えており,拡張機能がインストールできるようになります図21)⁠

図20 Firefoxでアクセスすると,Webブラウザーでの対応が必要である旨の注意が表示される

画像

図21 この表示になればFirefoxから拡張機能が管理できる

画像

Google Chrome/Chromiumを使う方法は,それらをインストールするだけです図22)⁠今回は例として後者をインストールしています。

図22 Chromiumはソフトウェアからインストールできる

画像

インストールと管理

続いて,実際にDash to Panelという拡張機能をインストールしてみます。まずは拡張機能のトップページで"dash to"で検索します図23)⁠表示された「Dash to Panel」をクリックすると個別のページに移動します図24)⁠⁠OFF」になっているスイッチをクリックするとインストールするかどうか質問されるので,⁠インストール」をクリックします図25)⁠即座に適用され,GNOME Shellのレイアウトが変更されます図26)⁠

図23 "dash to"で検索する

画像

図24 個別ページの右上にある「オフ」をクリックする

画像

図25 ⁠インストールする」をクリックする

画像

図26 インストールが完了すると即座に反映する

画像

インストールされている拡張機能の削除とアップデートと設定変更は,上部に表示されている「Installed extensions」をクリックします図27)⁠するとインストールされている拡張機能が表示されます。Ubuntu GNOMEではあらかじめgnome-shell-extensionsパッケージがインストールされており,これに含まれる拡張機能と,先ほどインストールした「Dash to Panel」が表示されているはずです。

各拡張に表示されている緑の歯車アイコンをクリックすると,アップデートできます。また,水色の工具アイコンをクリックすると設定を変更でき,赤いバツアイコンをクリックすると削除できます。ただし前述のとおり「Dash to Panel」拡張以外はどれもパッケージに含まれているものであり,アップデートや削除もできますが,しないほうがいいでしょう。

図27 ⁠Installed extensions」で拡張機能を管理できる

画像

リポジトリからインストール

リポジトリにも著名な拡張機能が多数存在します。インストールと管理がパッケージという単位で管理ができるため,そういうことが必要な場合には便利でしょう。また,よくも悪くも通常はアップデートしないため,そのバージョンのGNOME Shellで確実に動くことが期待できます。

GNOMEソフトウェアで拡張機能のパッケージを検索してもあまりヒットしないため,端末で"apt search gnome-shell-extension"コマンドを実行して探し,必要なパッケージをインストールするのが簡単です図28)⁠

図28 dashtodockパッケージを端末からインストールした

画像

この方法ではWebサイトからインストールするのとは違い,インストールしただけでは有効になりません。一度ログアウトして再ログインするか,GNOME Shellを再起動する必要があります。

GNOME Shellのみを再起動する場合,Alt+F2キーを押し,中央に表示された「コマンドを入力」ダイアログに"r"とだけ入力し,エンターキーを押します図29)⁠その後,前出のTweak Toolを起動し,⁠機能拡張」タブを開いてインストールした拡張機能を「オン」にしてください図30)⁠拡張機能の個別の設定も変更できます図31)⁠

図29 GNOME Shellを再起動するコマンド

画像

図30 Tweak Toolの拡張機能タブでオンにする

画像

図31 歯車ボタンをクリックすると設定画面が表示される

画像

おすすめの拡張機能

Dash to Dockは必須ともいえる拡張機能です。その名のとおり画面左に表示されるダッシュ(Dash)をDockのように表示します。原則としては常に表示されるものの,全画面の状態では自動的に隠れるようになるります。それ以外にも機能が豊富です。⁠gnome-shell-extension-dashtodock」というパッケージ名でリポジトリにあります。

GNOME Shellに対応していない通知アイコンは左下に表示されるのですが図32)⁠これは不便であり,やはり右上に表示してほしいです。そのような場合はTopIcons Plusをインストールしましょう。⁠gnome-shell-extension-top-icons-plus」というパッケージ名でリポジトリにあります。インストールした直後ではトップバーの中央に表示されるため,設定を変更して右側に表示されるように設定しましょう図33)⁠

図32 clipitパッケージをインストールして起動すると,アイコンが右下に表示される

画像

図33 ⁠Tray horizonal alignment」「Right」にするとトップバーの右側に移動する

画像

GNOME Shellでサスペンドしたい場合,トップバーの右にあるシステムメニューを表示し,Altキーを押すと電源ボタンがサスペンドボタンに変わります。しかし常時サスペンドボタンを表示させてもよいでしょう。そのためにはSuspend Buttonをインストールしてください図34)⁠⁠gnome-shell-extension-suspend-button」というパッケージ名でリポジトリにあります。

図34 Suspend Button拡張をインストールし,有効にするとシステムメニューにサスペンドボタンが表示されるようになる

画像

表示しているウィンドウを手軽にタイル表示にしたい場合,ShellTileをインストールするといいでしょう。

ほかにもたくさんありますので,お気に入りの拡張機能を探してみてください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入