新刊ピックアップ

話題のフレームワークで作る,クロスプラットフォームデスクトップアプリ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

目覚ましく進化するWebの技術

みなさんは,Webブラウザを使わない日があるでしょうか。メール,ネットショッピング,データ管理,動画の閲覧,チャットなど,さまざまな用途でブラウザは使われます。いまや,Webブラウザは私たちの生活に欠かせないものとなっています。

こうした背景には,ここ数10年のWeb技術の進化があります。HTML5の登場以降,各ブラウザはHTML5に対応するようになりました。それにともない,ブラウザの表現力を上げるためのさまざまなフレームワークやライブラリが作られたのです。

サーバサイドでJavaScriptを動かせる「Node.js」も登場しました。これにより,Webの技術はブラウザ上で動かせるアプリケーションだけでなく,デスクトップ上で動かすことのできるアプリケーションも開発できる能力を得たのです。

Electronとは

そんな中登場したのが,⁠Electron」です。GitHub社製のテキストエディタである「Atom」のために作られたフレームワークで,Atomのほかに,⁠Slack」⁠Visual Studio Code」⁠Kobito」といったアプリケーションにも使われています。

このElectronが注目された理由は,なんといっても「JavaScript/HTML/CSSのようなWebの技術でデスクトップアプリケーションが開発できる」という点です。普段Webアプリケーションを作成している人であれば,開発言語やライブラリを新たに学ぶ必要がありません。画面表示にはChromiumというブラウザを利用し,ファイル操作などの機能はNode.jsを実行エンジンとして使用しています。

クロスプラットフォーム開発が行えるのも,魅力の1つです。Windows,macOS,Linuxに対応しています。メニューやダイアログ操作といった,デスクトップアプリケーション必須の機能は,Electronが内部的にAPIをラップし,JavaScriptから呼び出せるようにしています。それにより,プラットフォームの違いを意識することなく,コードを書くことができます。

デスクトップアプリケーションを作ってみよう!

本書Electronではじめるアプリ開発では,このElectronを使用して,3つのデスクトップアプリケーションを作成します。

  • Firebaseを使ってリアルタイム通信をしたチャットアプリケーション

    画像

  • ライブプレビューやPDF出力に対応したMarkdownエディタ

    画像

  • 画面をドラッグ操作で切り取り,TwitterにPostするキャプチャアプリケーション

    画像

アプリケーションのテスト,パッケージングの方法も解説します。

セキュリティ対応は大丈夫?

Webの技術を使ってアプリケーションを解説できるのがElectronのメリットですが,特有のセキュリティリスクも存在します。

Electronは,Nodeインテグレーション機能のおかげで,Node.jsを利用できます。しかし一方で,Node.jsを利用したさまざまな攻撃が行えることも意味しているのです。通常のWebアプリケーションよりもはるかに危険度が高いといえるでしょう。

では,どのような対策を取ればよいのでしょうか。開発時には,次の3つを検討してみてください。

  • Nodeインテグレーションを無効にする
  • webviewを利用する
  • shellモジュールを利用する

本書でアプリケーション開発を体験することで,Electronの知識を身につけながら,自分だけのデスクトップアプリケーションを作ってみてはいかがでしょ

コメント

コメントの記入