新刊ピックアップ

「今さらSEO?」というあなた,本当に正しく理解できて,成果が出ていますか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ひと昔前,広告宣伝には非常にお金がかかり,大手企業のように資本力がないと手が出ませんでした。ところが,今はどうでしょう? テレビCMや折込チラシはあいかわらず高いですが,インターネットで集客できる手段は無料で使えるものが多々あり,それらをうまく利用すれば今や中小企業や零細企業でも有名になれるいい時代になったといえます。

そのホームページを世に知らしめる代表的な方法が,今や知らない人はいない「Google」をはじめとする検索エンジンに表示させることです。老弱男女,小学生でさえ「ググる」と言って検索サイトで自分の求める情報を探します。まずは,なにがしかのキーワードでそこに表示されることが,知名度を上げる基本中の基本です。

SNSの広告,ほとんど見ずにスルーしていませんか?

いまでは,言語(キーワード)主体の検索以外にも,ソーシャルメディア(SNS)で情報を得る機会が増えました。たとえば,⁠インスタ映え」と称される直感的な画像をInstagramで無料で検索できますし,⁠ユーチューバー」のようにYoutubeを使って無料どころか課金してプロモーションビデオを発信することもできます。Facebookは,言語・画像・映像の複合コンテンツで情報発信や相互コミュニケーションができるだけでなく,年齢・性別・地域・趣味などターゲットを絞って広告をすることもできます。LINEは,広告だけでなく,アフターコミュニケーションで一見いちげんさんを「常連客」化することもできます。カリスマ美容師やスナックのママさんが上手に使ってますね。これからもさまざまなSNSが登場して,より多角的な情報発信ができるようになると思います。

ただ,多くの人は新しいツールに振り回されているだけで,本当にビジネスに役立てているケースはひと握りです。

また,SNS系の広告は押し着せがましく一方的なので,あまり効果がないといわれています。

あなたは,Youtube広告は見ますか? たいていはスキップするんじゃないでしょうか?

Facebookの広告も,ほとんど見ずにスルーしていませんか?

やはり,時の流れや流行に関係なく最もベーシックな情報発信は,Googleに代表される検索サイトになると思います。

SEOを制する者は世界を制す

しかし,検索サイトの上位を占めるのは,まだまだ有名企業や一部の中小企業です。理由はかんたんで,多くの中小企業や店舗の経営者が,検索サイトの上位に自社のホームページを表示させる正しい技法を知らないからです。たとえば,⁠SEO」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが,⁠それは業者がやるものでお金がかかり,素人には手が出せない」と思い込んでいませんか? ITの黎明期から関わった人ほど,ひと昔前の通念を信じこみ,時代に取り残されているケースが多いです。

一方,大ブレイクした経営者は「SEOを制する者は世界を制す」⁠キーワードはお金を生む」と豪語しています。GoogleがテレビCMでやっている「近くのおいしいお店」⁠泣ける映画」など,世間に認知度が高いキーワード(バズワード)で上位表示されれば注目されるのはまちがいなしでしょうし,超マニアックな言葉や業界用語で上位表示されればそのニッチ分野は独占できるかもしれません。

著者プロフィール

茂木邦基(もてぎくにもと)

元ディスコDJ 躍る経営コンサルタント。通算コンサル企業数は1890社。B to Cでの売上2倍以上の事例250社,B to Bでの引合い2倍以上の事例120社,ネットショップ売上2倍以上の事例130社,アクセス数2倍以上の事例350社,ランキング20位以内ランクアップ事例500社。製造業・飲食業・小売業・観光関連など,中小企業・店舗を中心にさまざまな業種での経験豊富。悩める中小企業零細企業経営者の「強み」を引き出し,磨きをかけて販売促進するのが得意。

ホームページ:https://itmotegi.jimdo.com/

コメント

コメントの記入