新春特別企画

電子出版の世界を“アップデート”していこう~2019年の先の電子出版ビジネスを考える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

いよいよ平成最後の新年があけました。おめでとうございます。

今年も2019年の電子出版ビジネスの展望をまとめてみます。

過去のコラムについては以下をご覧ください。

電子出版市場規模は緩やかな伸びへ

まずは例年同様,今年もインプレス総合研究所が発行した最新の電子書籍ビジネス調査報告書2018※1』の数字から紐解いてみます。

2017年度の市場規模は2,500億円,電子書籍のみでも2,000億円規模を突破

※1の文献の調査数字(推計値)によれば,2017年度の電子書籍と電子雑誌を合わせた市場規模が2,556億円と,初めて2,500億円を突破しました。このうち,電子書籍のみで2,000億円規模を突破(2,241億円)と見込まれています。

電子出版総合電子書籍電子雑誌前年からの伸び
2014年1,4111,266145
2015年1,8261,584242415
2016年2,2781,976302452
2017年2,5562,241315278
2017年2,8752,550325319

単位は億円,2018年は予測値

今年もまた続伸である一方で、2014→2015年度の伸び率が415億円,2015→2016年度の伸び率が452億円に対し,2016→2017年度の伸び率が278億円と,この期間で初めて伸び率が300億円割れた点は注視しておきたいです。それでも,2018年度の推測値では再び300億円を超える伸張(319億円増)の見込みとなっているので、その数字を実現できるよう取り組むことが大事でしょう。

比較ではなく,開拓と進化の意識を

本コラムの対象は電子出版ビジネスですが,ここで少し,電子出版を含めた,インターネット時代の出版ビジネスを扱う情報(各種メディアニュース)と,情報の扱い方について,筆者の考えを述べたいと思います。

電子出版に限らず,出版市場に関しては,毎年年末に発表される出版科学研究所によるその年の販売実績を引用したニュースが各所で配信されています。そして,⁠少なくともこのコラムを書き始めた2011年以降は)多くのニュースが異口同音に,出版市場規模が「前年割れ」⁠落ち込み止まらず」とネガティブに取り上げているのを目にします。

そして,ニュースを読んで,見て,悲観する周囲の声を聞いたり,SNS上であきらめムードの投稿を見かけることがあります。

ニュース自体は事実ですが,多くのニュースでは「どうすれば(出版市場が)回復するか」⁠これからの出版市場はどうすべきか」という点にはほぼ触れていません。つまり,これらのニュースを読んで,ただ,悲観していても何も変わらないのでは,と筆者は考えます。また,⁠あの頃は良かった」⁠ああすれば良かった」など,タラレバの話をするのも同様です。

インターネット時代,スマホ時代の出版ビジネスを考える

2008年の(日本での)iPhone登場,そして,2012年の各種電子書店のオープン,そして,2014年以降のシェアリングエコノミーを利用したサービス登場による流通業界の変化,AI活用の活性化など,電子出版を含めた出版を取り巻く環境が大きく変わっています。

昨年のコラムで筆者は「電子出版に関わる立場として,もうそろそろ電子出版市場をあえて特別視する,あるいは,⁠形態としての)紙と電子を必要以上に意識して比較する時期は終わってきているのではないか」と述べました。

1年が経過し,この意識はますます強くなりました。さらに今回のコラムを書いていて,ただ数字を比較するのではなく,⁠新しい技術が作り出す社会・新しい環境において,紙・電子を含めた出版事業がどうなっていくか⁠⁠,また,出版に関わる立場としては「既存の出版ビジネスとの整合性をどう取るか(ソフトランディングに向けて⁠⁠」という観点で取り組むことが,電子出版を含めた,インターネット時代・スマホ時代の出版ビジネスを進めるうえで重要だと考えています。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧