News Hot Line

クラスキャット,ネットワーク/システムリソース監視ソフトウェア「ClassCat VirtGear Active Monitor」発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社クラスキャットは6月4日,Red Hat Enterprise Linux5で動作し,Xen仮想化環境に特化したネットワーク/システムリソース監視ソフトウェア「ClassCat VirtGear Active Monitor」を2007年10月をめどに販売開始することを発表した。

同製品では,LinuxベースのゲストOSにエージェントを配備し,管理用仮想マシンにインストールしたWebアプリケーションから,Xenノード上のすべてのゲストOSをWebブラウザから一元的に監視可能。また,しきい値を設定することにより,異常もすぐに検知できる。

Xenノード上のすべての仮想マシンのネットワーク環境およびシステムリソースを監視可能。一般的のオープンソースライブラリを利用して実装しているため,Red Hat Enterprise Linuxをはじめ多くのLinuxディストリビューションで利用することができる。

株式会社クラスキャット
URL:http://www.classcat.com/

コメント

コメントの記入