インフォメーション

ITエンジニア本大賞2022開催,Web投票は12/12まで ―技術評論社から7点の参考本がエントリー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

専門書アワード「ITエンジニア本大賞2022」⁠株)翔泳社主催)のWeb投票が開始された。⁠ITエンジニア本大賞」は,この1年を振り返っておすすめしたい技術書,ビジネス書を選ぶアワード。2014年からスタートし,今回が9回目の開催となる。

Web投票は「ITエンジニア本大賞2022」のサイトから行い,投票に参加した人には抽選で書籍がプレゼントされる。

ITエンジニア本大賞2022 Web投票
https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/vote/

Web投票の受付は2021年12月12日(日)まで。対象となる本の出版社や刊行年は問わない。この1年を振り返っておすすめしたい書籍を選んで欲しい。

Web投票結果を集計し,2022年1月下旬に技術書,ビジネス書それぞれのベスト10を発表,2月17日に投票数上位の書籍を対象に,翔泳社主催のオンラインイベント「Developers Summit 2022」にてプレゼン大会を実施,大賞および特別賞を決定する。また2022年2月17日以降,全国の書店・電子書店でフェアの開催が予定されている。

技術評論社発行 今年のお勧め書籍は?

投票の参考に,2020年10月~2021年9月の販売ランキング上位からピックアップした書籍や,関係者おすすめの本が「参考本」として公式サイト上で紹介されている

技術評論社からの推薦書籍は次の3点。

また,事務局のお勧め本として『ユーザー中心組織論〜あなたからはじめる心を動かすモノづくり〜』が上げられている。

この他,販売ランキングを元にした参考本として3点が紹介されている。

その他の推薦書籍や投票の要項については,以下の公式サイトから確認できる。

ITエンジニア本大賞2022
https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/

バックナンバー

2021年

バックナンバー一覧