Ubuntu Weekly Recipe

第449回 Ubuntuオフラインミーティングの楽しみ方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu Weekly Topicsの11月18日号でも告知しているとおり,2016年12月17日(土)に,Ubuntu 16.10 リリース記念オフラインミーティング16.12が開催されます。今回のRecipeでは,このオフラインミーティングにこれまで参加したことのない人,はじめて参加する人向けに,イベントの概要を紹介しましょう。

オフラインミーティングとは

Ubuntuは毎年4月と10月にリリースを行います。そしてリリースのあとは,世界各地のUbuntuコミュニティがリリースパーティを開催します。普段はオンラインでしかやりとりしないコミュニティのメンバーが集まって,今回のリリースの苦労をねぎらい,メンバーの親睦を深め,次のリリースに向けての気持ちを高めようと言う趣旨です。以前は次のリリースに向けての最初の会議であるUbuntu Developer Summit(UDS)が,Ubuntuコミュニティにおける最大のオフラインイベントでした。しかしながら最近のUDSはYouTube LiveやIRCを用いてオンラインで開催するため,各地でのリリースパーティが定期的なオフラインでの出会いの場になっています。今年開催されたUbuCon Europeのように,リリースパーティからさらに大規模なコミュニティイベントに発展しているケースも存在します。

Ubuntu Japanese Teamでもコミュニティが軌道に乗ったあたりからリリースパーティかそれに類するオフラインイベントを開催したいという希望はありました。そんな中,広瀬電工様が会場を貸してくれるということで開催されたのが最初のオフラインミーティングであるオフラインミーティングTokyo 9.01です※1)。「9.01」とあるように,2009年1月の開催です。またいわゆる「勉強会」ではなく,もう少しカジュアルに参加してもらう意味もこめて「オフラインミーティング」という名前になりました。

※1
日本のUbuntuコミュニティの集まりとしては,2006年の2月にマーク・シャトルワースが来日した時に開催されたイベントがあります。Ubuntu Japanese TeamのWikiには,一問一答の内容など,当時のイベントのサマリーが掲載されています

その後何回か,広瀬電工さんや関西の会場でオフラインミーティングが開催されます。一時期開催が途絶えていましたが,2013年からは,グリー株式会社様が六本木の森タワーにある会場を提供してくれることになり,現在まで続いています。

本当はオフラインミーティングもリリース直後に開催できるといいのですが,オープンソースカンファレンスなど他のイベントの参加や,そもそもイベントの準備はだいたいリリースしてから始めるという大人の事情により,いつもリリースから2〜3ヶ月ぐらい遅れての開催となっています。そのためイベントの名前も「リリース記念」という若干ぼかした表記になっているのです。

次のオフラインミーティングは10日後の12月17日(土)です。参加する場合は,ATNDでの参加登録が必要です。登録期限が12月15日と迫っていますので,これを機にぜひ参加登録をよろしくお願いいたします。

起きる・たどり着く

オフラインミーティングを楽しむために最低限必要なことは,「朝起きて,受付時間内に会場にたどり着くこと」です※2)。イベント会場に入るためにはビルの入館管理を通過しなくてはなりません。そのため,受付を設けてATNDの参加登録IDを照会し,入館用のワッペンを配布しています。言い換えると,受付時間内にたどり着けないと入館できないということです。よってATNDの参加案内にある受付時間内へ到着するよう,ご協力をよろしくお願いいたします※3)。

※2
一応,会場に来られない人向けに,セミナーの様子は何らかのサービスを使って配信予定です。
※3
常時受付できるといいのですが,構造上受付は会場とはだいぶ離れた位置に存在するため,受付担当が寂しい思いをすることになります。

会場の最寄り駅は東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線の六本木駅です。ただし駅からそこそこ歩きます。駅からの移動ガイドなどを参考に「六本木ヒルズ」を目指してください。「出口1c」がもっとも近い出口となります。ガラス扉から森タワーの中の「ヒルサイド2F」に入ると,すぐそばにあるのが受付です。なおこのあたりの地形はどこが2階でどこが1階かはわかりづらい構造になっています。1階をまっすぐ横に歩いていたらいつの間にか3階になっていた,なんてこともざらにあります。「ヒルサイド2F」はあくまで「ヒルサイド1Fのだいたい上」以上の意味はありません。

受付では「Ubuntuオフラインミーティング」と書かれた張り紙が貼ってあります。たまに隣に当日の別のイベントの受付があるかもしれません。迷ったら「Ubuntuっぽい」ほうの受付を選んでください。受付ではATND上の参加者リストを元に氏名を確認します。可能であれば受付前にATND上の名前と,名前に左に小さく書いてある番号を確認しておいてもらえると助かります。受付後はある程度人数が揃った段階で,GREEの方が会場まで誘導しますのでしばらくお待ちください。

図1 受付や会場の張り紙の例第355回より)

画像

ちなみに一度入館すると,イベントが終わるまでは自由に出入りできません。飲み物・食べ物その他必要なものは,あらかじめ受付前に用意しておいてください。お手洗いは会場にあります。また,館内は禁煙です。

体調不良などの事情で,当日急遽参加できなくなることもあるかと思います。その場合は遅くなってもかまいませんので,ATND上でキャンセル処理をしていただけると助かります。なお「寝坊した」「忘れてた」も体調不良という扱いで大丈夫です。

食べる・飲む

会場に着くと,開会までしばらく時間があります。その間,司会が会場に関する注意事項を説明していますので,特に初めて参加される方は一通り聞いておいてください。座席については自由にお使いください。参加者数に対して多めに用意していますので,荷物も席の上に置いていただいて問題ありません。座席の合間にはACタップを用意しています。電源がないと生きていけない場合は,ご自由にお使いください。複数のコンセントが必要な場合は,自前で延長ケーブルを持ってきたほうが安心かもしれません。使用する電源容量は常識の範囲内でお願いします。「自分の電源に関する常識は世間と少し違うかも……」という自覚がある方は,スタッフにご相談ください。

図2 からあげとオードブル第380回より)

画像

会場には軽食・おつまみ・アルコールを含む飲み物類を用意しています。ここ数回は若干からあげが多めではありますが,主にオードブルといったお昼ごはんを意識したラインナップです。最初のうちはおつまみのみで,あとからオードブルが来る予定です。開会のタイミングで乾杯を行う予定ですので,「乾杯の練習」「あとから来場してくる人のための味見・毒味」として,開会まで飲食していただければと思います。食べ物はデプロイされたらあっという間になくなるので,写真を撮りたい場合はがんばってください。

図3 水野さん差し入れの北海道のバームクーヘン第403回より)

画像

飲食物の持ち込みも歓迎します。ただしニオイのきついもの,掃除・片付けが難しいものについてはお控えください。缶・瓶・ペットボトルに紙・プラスチックの容器類なら処分可能です。美味しい日本酒とか飲みたいですよね。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入