Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第22回 エディタの話[その14]─ メニューバーのコマンド一覧(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

後編の今回は,メニューバーに登録されている「Editメニュー」⁠Codeメニュー」⁠Windowsメニュー」「Helpメニュー」の紹介を行います。これらは今までの連載で紹介したコマンドも含みますので,その振り返りも兼ねます。

Editメニュー

編集メニューの立場上,一部のコマンドは第20回に紹介したエディタコマンドとかぶります。⁠エディタコマンドの一部もメニューに登録されている」と考えた方がわかりやすいかもしれません。

Undo, Redo
「直前の操作を元に戻す(Undo)⁠「直前の操作を繰り返す(Redo)⁠です。そういえば,これ「エディタコマンド(Editor Actions)⁠に無いんですよね。
アンドゥバッファについては特に設定箇所はありません。特に意識したことはありませんが,Android Studioを起動している間はどこまでもアンドゥできたと思いますが,Android Studioを終了すると,それ以前のアンドゥバッファはクリアされるようです。
Cut, Copy, Copy Paths, Copy Reference, Paste, Paste from History, Paste Simple
第15回で紹介したカット・コピー&ペーストの仲間たちです。
左から順に「カット(Cut)⁠コピー(Copy)⁠パスのコピー(Copy Paths)⁠参照のコピー(Copy Refernce)⁠リフォーマットしてペースト(Paste)⁠履歴からリフォーマットしてペースト(Paste from History)⁠(リフォーマットなしの)単純なペースト(Paste Simple)⁠です。
Delete
対象を削除します。
エディタ上では「Delete」キーとして機能しますが「Projectツールウィンドウ」上などでは"Safe Delete"リファクタリングとして機能します。

図1 ⁠Projectツールウィンドウ」上での"Delete"の実行例

図1 「Projectツールウィンドウ」上での

「Safe delete (with usage search)」のチェックを外せば,"Safe Delete"リファクタリングではなく,単純な削除になります。

Find
検索・置換コマンドが集約されています。詳しくは第18回を参照してください。
Macros
マクロの記録と実行を行います。サブメニューは以下の通りです。
  • Play Back Last Macro:最後に実行したマクロを再実行します。
  • Start/Stop Macro Recording:マクロの記録を行います(開始と終了)⁠
  • Edit Macros:マクロを編集します。
  • Play Saved Macros...:登録済みのマクロを実行します。
Android StudioにはIDEにしては珍しくマクロ機能がありますが,正直使い勝手がよくないため,何に使って良いのか悩みます。それも高機能過ぎて使い方がわからないのではなく,機能がなさ過ぎて何に使って良いか悩むのです。筆者にとっては,そこまでして使うほどの機能では無いという認識ですが,一応どんなものか紹介します。
まずはマクロの記録を行います。"Start Macro Recording"を実行するとステータスバーの右側に図2のようなバルーンが表示されます。これがマクロ記録中を表しています。

図2 マクロ記録中の状態(ステータスバー)

図2 マクロ記録中の状態(ステータスバー)

マクロ記録中はキーボード操作や実行したコマンドが記録されていきます。マクロに記録したい操作が完了したならメニューバーの「Edit → Macros → Stop Macro Recording」を実行するか,マクロ記録中のバルーンにある記録停止ボタンを押します。

図3 マクロ記録中の終了(ステータスバー)

図3 マクロ記録中の終了(ステータスバー)

マクロの記録が終わるとダイアログが表示されるので,登録したいマクロ名を入力します。
これでマクロの記録は完了です。あとは"Play Back Last Macro"なり,登録したマクロ名を指定するなりして,マクロを実行するだけです(当然,マクロも"Find in Action"から呼び出すことができます)⁠
これだけ聞くと「何か使い道あるかも!」と思うでしょうが,問題はマクロの編集です。一応,"Edit Macros"で登録済みのマクロを編集することができますが,これが想像以上にチープなのです。

図4 ⁠Edit Macros」ダイアログ

図4 「Edit Macros」ダイアログ

マクロの編集でできることは,次の操作だけです。
  • マクロの削除/名称変更
  • マクロに登録したコマンドの削除
コマンドの追加/変更や並び替えができないので,マクロの記録一発撮りで登録するしか手立てがありません。このような理由から「マクロ機能はあるけど使わない(使えない?)⁠と結論づけてます。
まじめな話,マクロを使うようなテキスト編集ならAndroid Studioで行うことにこだわらず,そのときだけ他のテキストエディタで作業するなどの柔軟さを持った方がよいと思います。
筆者が今まで試してみたマクロもせいぜい普通にコマンドを実行した場合とくらべて1~2ストローク得する程度の機能でしか無かったので,マクロが無くても困ったことはありませんでした。
Column Selection Mode以降
ここ以降,エディタコマンドが並びます。それぞれのコマンドの意味は第20回で紹介したものと同じです。いくつかの機能の詳細については第15回も参照してください。
  • Column Selection Mode:範囲選択を矩形選択モードに切り替えます。
  • Select All「すべてを選択」します。
  • Select Word at Caret, Unselect Word at Caret:カーソル下のワードの選択と,その解除です。個人的にはAndroid Studioを象徴する機能だと思っています。
  • Complate Current Statement:命令行の補完を行います。
  • Join Lines:行を結合します。
  • Fill Paragraph:段落を整形します。
  • Duplicate Line or Block:行や選択範囲を複製します。
  • Indent Selection, Unindent Selection:選択範囲や現在行のインデントを上げ下げします(どうでもいい話ですが"Indent Selection"は「エディタコマンド(Editor Actions)⁠に含まれません)⁠
  • Toggle Case:大文字・小文字を切り替えます。
  • Convert Indents:インデントに用いる空白をスペースやタブに変換します。
  • Next Parameter, Previous Parameter:テンプレートやリファクタリングなどのパラメタに移動します(このコマンドをメニューバーから実行するのは希だと思います)⁠

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入