News Hot Line

ターボリナックス/米Microsoft,LinuxとWindowsサーバ間の相互運用において協業契約を締結

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ターボリナックス株式会社米Microsoftは10月23日,LinuxとWindowsサーバ間の相互運用性の向上などに関する協業契約を米国時間10月22日に締結したと発表した。

協業は「相互運用性の向上」「研究開発分野における連携」「知的財産の保証」「デスクトップ分野における協調の拡大」の4項目においておもに行われていく。相互運用性に関しては,Windows/Linuxの両方のシステムに1つの証明書でログインできるシングルサインオンソリューションの開発やターボリナックスによるWorkgroup Server Protocol Program(WSP)評価ライセンス契約の締結,知的財産に関しては,ターボリナックスが提供するサーバ製品の購入者に対して,マイクロソフトが所有する知的財産を保証するという内容となっている。

ターボリナックス株式会社
URL:http://www.turbolinux.co.jp/
マイクロソフト株式会社
URL:http://www.microsoft.com/ja/jp/

コメント

コメントの記入