News Hot Line

アドビシステムズ,AIR/Flex 3のベータ版を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

アドビシステムズ(株)は6月11日,「Adobe Integrated Runtime(AIR)」(コードネームはApollo)とFlex 3のベータ版の提供を開始した。

両製品は,同社の包括的なRIAプラットフォームの基礎となる技術・製品。異なるOSのアプリケーションのランタイムであるAIRによって,HTML/CSS,Ajax,Adobe Flash,Adobe Flexを使用し,RIAの適用範囲をデスクトップへと拡大することができる。

また,同日にFlex 3のパブリックベータ版も公開した。同ツールは,クロスプラットフォームに対応した無償のオープンソースによるフレームワーク。今回あらたに新しいユーザインターフェース機能が加わった他,Flexアプリケーションのデスクトップへの展開など,ツール群の強化がされている。

これらAIRソフトウェア開発キット(SDK)のベータ版は,Webサイトから無償でダウンロードが可能。また,これに関連してアプリケーションのコンテスト「Adobe AIR Developer Derby」の開催も発表された。コンテストの詳細はWebサイトを,ツールの詳細は下記連絡先を参照。

問い合わせ:アドビシステムズ(株)
URL:http://www.adobe.com/jp/

コメント

コメントの記入