OSSデータベース取り取り時報

第77回 2021年北東アジアOSS貢献者賞と,MySQL & PostgreSQLの2021年の主なニュース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

この連載はOSSコンソーシアム データベース部会のメンバーがオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

12月に開催された,日本・中国・韓国による北東アジアOSS 推進フォーラムで「2021年 北東アジア OSS貢献者賞」が発表されました。詳しくは「⁠⁠PostgreSQL]2021年12月の主な出来事」のセクションで。また,今回は年初の恒例となったMySQLとPostgreSQLの年間重大ニュースをお伝えします。

[MySQL]2021年12月の主な出来事

2021年12月のMySQLの製品リリースはありませんでした。

MySQL 8.0のリファレンスマニュアルのFAQにTLS 1.0, 1.1のサポートについての追記がされました。MySQL 8.0.26で非推奨となったTLS 1.0と1.1は近日リリース予定の8.0.28にてサポート対象外になります。現在利用中のMySQLサーバーのTLSのバージョン確認方法やConnectorの対応はFAQをご覧ください。

MySQLのマネージドサービスMySQL Database Serviceでは,利用者からの要望の多かったストレージのサイズをオンラインで拡張できる改良が加わっています。最初にインスタンスを作成した場合のストレージサイズが400GB以下の場合は最大32TBまで,400GBより大きい場合は64TBまで拡張可能です。アプリケーションの処理に影響を与えることなく動的に拡張であり,同時により大きなサイズではより高いIOPSとなっているため性能の向上も期待できます。

図2 オブジェクトストレージ拡張の設定画面

図2 オブジェクトストレージ拡張の設定画面

MySQL Database Serviceのクエリ・アクセラレータであるHeatWaveにも改良が加わり,HeatWave 8.0.27-u2では,VIEWのサポートが追加になったほか,Bloom Filter(ブルーム・フィルター)が実装されました。Bloom FilterはJOIN性能の向上が期待できる仕組みです

HeatWave 8.0.27-u3では,オブジェクトストレージからのデータのリカバリ処理の高速化と再起動時の自動テータロードが利用可能になりました。HeatWaveノードのメモリ上のデータをスナップショットとしてオブジェクトストレージに保管し,ノード障害から自動的に復旧する際にオブジェクトストレージからリストアする仕組みは,機械学習を活用した運用自動化の仕組みであるAutopilotの1つとして実装済みでした。HeatWave 8.0.27-u3はデータの変更量と前回のスナップショットからの経過時間に応じて自動的にスナップショットの取得間隔を調整し,データの変更点を記録したChangelogsの量を抑えることで復旧時にログの適用で時間がかかることを避けます。オブジェクトストレージ上のスナップショットはHeatWaveノードの再起動時にもロードされ,ノード停止中のデータ変更による差分も自動的に追いつく仕組みが実装されています。

2021年MySQL重大ニュース

2021年のMySQLに関する出来事を振り返ります。MySQL 8.0では継続的に機能拡張が行われており,2021年もClusterSetが追加されるなど今後も新機能の追加にも注目です。

1 MySQL 8.0とMySQL Shell 8.0のリファレンスマニュアル日本語版公開
第69回でご紹介したとおり,コミュニティからのフィードバックを受けながらリファレンスマニュアルの日本語版が公開されました。 なおMySQL Database Serviceのドキュメントにも日本語版が用意されています。こちらは機械翻訳が定期的に行われるため,最新情報は英語版をご確認ください。
2 MySQL 5.6 EOL
2021年2月でMySQL 5.6がSustaining Supportフェーズに入り新規パッチは基本的にリリースされなくなりました。MySQL 5.6をご利用中の方は早急にバージョンアップをご検討ください。バージョンアップに関する手順や注意事項はリファレンスマニュアルに記載されているほか,2021年3月に開催されたバージョンアップに関するウェビナー資料を参照してください。
3 MySQL InnoDB ClusterSet登場
MySQL 8.0.27にて災害対策構成を簡単に実現できるMySQL InnoDB ClusterSetが追加されました。これまでもコマンドだけで非同期レプリケーションの構成を構築できるMySQL ReplicaSetや,MySQLのクラスタリング機能であるMySQL InnoDB Clusterなど,MySQLのレプリケーションを応用した各種の構成が利用可能となっており,災害時などでデータセンターに問題が発生した際にも対応できるInnoDB ClusterSetが最新の機能として追加されました。

図3 MySQL InnoDB Clusterの構成概要

図3 MySQL InnoDB Clusterの構成概要

MySQLのレプリケーション構成のパターンやInnoDB ClusterSetについては11月に開催されたdb tech showcaseでの講演資料をあわせて参照してください。
4 MySQL Database Serviceの高可用性構成の提供開始
MySQLのグループレプリケーションによる高可用性構成がMySQL Database Serviceでも利用可能となりました。OCIの可用性ドメイン(Availability Domain)が複数あるリージョンではそれぞれのADに,可用性ドメインが1つのリージョンでは物理ハードウェアや電源装置が独立したフォルト・ドメインにサーバーを分散配置することにより高い可用性を担保しています。
5 HeatWaveにAutopilot追加
MySQL Autopilotはデータベース管理者によるHeatWaveの設定や運用を自動化する機能です。自動化の裏側では機械学習による学習と予測が広く活用されており,今後もさらなる自動化できる処理が拡張されていく予定です。
6 MySQL Database ServiceおよびHeatWaveの事例
いち早くMySQL Database Service(MDS)の導入事例として公開されたのが株式会社パソナテックにてコンテンツ管理システム(CMS)のリプレイス時にAmazon RDSからOCIのMDSに移行した事例で ,大幅なコスト削減とDBへの同時接続数が増加した場合にも安定した性能を実現しています。MDSの導入は長年にわたりMySQLのパートナーとしてビジネスを展開する株式会社スマートスタイルが担当しています。
2021年11月に開催された複数のイベントにてMDSやHeatWaveの導入事例をお客様が講演されていました。
  1. トヨタ自動車株式会社でのHeatWave検証事例
  2. 株式会社りらくにおけるAWSからのHeatWaveへのマイグレーション事例
  3. 株式会社ファンコミュニケーションズにおけるMDSへのマイグレーション事例
  4. 株式会社データベーステクノロジが構築を担当した旭松食品株式会社での需給管理などのクラウド化でのMDSの導入事例
7 各種MySQL公式ブログ移設
MySQLのブログがblogs.oracle.com/mysql/に集約されました。過去のMySQLサーバー開発チームや高可用性構成開発チーム,リリース・エンジニアリング・チーム,Workbench開発チームなど各チームのブログのアーカイブはdev.mysql.com/blog-archive/にまとめられています。過去の記事へのリンクはアーカイブへリダイレクトされるよう作業を進めているところです。

2022年も引き続きMySQL Database ServiceとHeatWaveのイノベーションを軸に,コミュニティ版を含めたMySQLのさらなる機能強化が期待されます。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長兼データベース部会リーダ。他に,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラム(JOPF)にも参画。また,OSS推進活動の他に,日本のIT業界がDX(デジタルトランスフォーメーション)の波の藻屑とならないように,DX推進と変革に微力ながら勤しむ。