Ubuntu Weekly Recipe

第711回 Ryzen 5 5500Uで省エネPC生活

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

最近は,省スペースで高性能な小型PCも増えてきましたよね。5万円程度で一式揃うものも珍しくなく,筆者もLenovoのThinkCentre M75q-1という小型PCを愛用しています。ところが最近になり,⁠本業の都合などで)自宅に小さなx86_64のサーバー機が一台ほしくなりました。そこで小型のデスクトップPCを調達し,今のM75q-1をサーバーに転用しようかな……と思ったのが事の発端です。

今回購入したのは,ASUSのPN51-S1というRyzen 5 5500U搭載のベアボーンキットです。8K UHD対応のディスプレイ,2.5GbpsのNIC,Wi-Fi6対応など,特徴はいろいろとありますが,何より気に入ったのはそのフットプリントの小ささと,USB PDによる給電に対応している点です。

前述の通り,小型PCは数多く存在しますが,そのほとんどがACアダプタから給電を行う仕様になっており,USB PDに対応したモデルはほとんど存在しません。昨今ユニバーサルな電源としての地位を確立しているUSBですが,その仕様上,バッテリー非搭載なデバイスへの利用には向いていないというのがその理由でしょう。とはいえせっかくの小型PCの隣に,巨大なACアダプタが存在感マシマシでぶら下がっているのは我慢ならないのです。最新のデジタルガジェットに単3電池を使うような,⁠おいおいそこだけ昭和かよ」みたいな残念感からは卒業したいのです。この足鎖のような黒い弁当箱から,我々は開放されなければならないのです(個人の感想です⁠⁠。

図1 筆者が現在進行形でUbuntuデスクトップにしている,ThinkCentre M75q-1本体と付属のACアダプタのサイズ感。これをなんとかするのが人類の悲願と言える

図1

そこで今回は,このPN51-S1にUbuntu 22.04 LTSをインストールして,デスクトップとしての使い勝手を見てみようと思います。Ubuntuのインストールは,執筆時点(2022年4月2日)でのデイリービルドから行っており,正式にリリースされる前のものであることはご了承ください。

なお本連載ではあわしろいくやさんによって,以下のような省エネPC生活シリーズが公開されています。よろしければ合わせてお楽しみください。

ハードウェアと電源

それではハードウェアを見ていきましょう。PN51-S1のサイズは115mm x 115mm x 49mmです。やや厚みがありますが,フットプリントがコンパクトな正方形なため,非常に小さく感じます。

図2 PN51-S1の全体像

図2

図3 背景に同化して見づらいですが,SD誌と比較してもこの小ささ

図3

底面のネジを4本外してケースをスライドさせると,メモリとSSDにアクセスできます。メモリはDDR4-3200のノート用メモリに対応しており,今回は16GBx2の32GB構成としました。SSDはM.2 2280と2.5インチに対応しています。写真では銀色のヒートシンクに隠れて見えませんが,1TBのSSDを装着しています。

図4 メモリとSSDを装着した状態。ここにさらに2.5インチのドライブを追加することもできる

図4

筆者が購入したPN51-S1は,Ryzen 5 5500Uを搭載したB5187MDというモデルです。これはUSB PDから65Wの出力があれば動作しますので,電源としてAnkerNano II 65Wを使用しました。なおRyzen 7 5700Uを搭載したモデル(B7186MD)では100Wが必要となるようです。

図5 今回はUSB PD対応の充電器としては非常に人気の高い,AnkerのNano IIを使用してみた。なおケーブルも(60Wではなく)100Wに対応したものを使用している

図5

図6 アイドル状態の消費電力。0.5A(10W)程度と非常に省エネなことがわかる

図6

CPUの情報

CPUをはじめとしたシステムの情報を表示するWindows向けのツールにCPU-Zがありますが,これのLinux版とも言えるのがCPU-Xです。APTからパッケージをインストールして,CPUの情報を見てみましょう。

CPU-Xのインストール

$ sudo apt install -y cpu-x

CPU-Xを起動すると,以下のようなウィンドウが表示されます。CPUの種類はもちろん,電圧やクロック,温度もここから確認できます。

図7 本機のRyzen 5 5500Uは,アイドル状態ではクロックは最低の1400MHzで動作しており,温度はだいたい50℃前後で落ち着くようだ

図7

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。最近レンズ沼にハマる。日本仮想化技術株式会社所属。