Ubuntu Weekly Recipe

第550回 Ubuntu 18.10リリース記念 オフラインミーティング 18.12 参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

去る2018年12月8日,六本木ヒルズにてUbuntu 18.10リリース記念 オフラインミーティング 18.12が開催されました。今回は3年ぶりに北海道から参加した筆者が※1イベントレポートをお届けします。

※1
移動日に大雪が降り,新千歳空港がエラいことになって移動に1日かかったのはまた別の話です……。

Ubuntuオフラインミーティングとは

Ubuntu Japanese Teamはグリー株式会社の協力のもと,⁠オフラインミーティング」を半年ごとに開催しています。これは一般的な「勉強会」ではなく,Ubuntuユーザーが集まってお酒を飲んだりからあげを食べたりしながら,年に2回の新バージョンのリリースを祝うお祭りです。本連載をお読みの方であれば過去のレポートから,セミナーあり,ハックあり,ダジャレあり,お酒あり,からあげ大量の「ゆるい雰囲気」はご存知なのではないでしょうか。

それでは今回もイベントの様子を,写真を中心に紹介していきましょう。なおイベントの様子の中継はYouTubeのアーカイブに残っています。よろしければ合わせてご覧ください。

開場前のようす

イベント参加者の集合時刻は12:30ですが,スタッフはその1時間前に現地入りし,開場の設営と買い出しを行うのが恒例です。今回は筆者も11時過ぎに六本木ヒルズに到着しました。

会場の森ビルに到着。オフラインミーティングスタッフの朝はそれほどでもないけど早いのです。

画像

エントランスには受付が設営されています。ビルのセキュリティ上の理由から,参加者はここで事前登録した名前を申告した上で,ゲスト入館証をもらって会場に入ります。

燦然と輝く総合受付の文字。バージョンが10年前のものになっているのは御愛嬌。

画像

続々と搬入されるからあげ。
今回はコードネームであるCuttlefishにちなみ,
イカのからあげが多めとなっております。

画像

スタッフは会場のレイアウトを確認したら,テーブルの設置や手分けしての買い出し,ケータリングの受け取り等々の作業を分担して行います。

筆者も買い出しに行った飲料の数々。主に(筆者の都合で)ビール多め。また本連載に寄稿もしている大田さんからは,日本酒の差し入れもいただきました。

画像 画像

時刻も午後の1時に近くなると,会場に続々と参加者のみなさんが入ってきます。いよいよイベントのスタートです。

入ってきた参加者の方々に,会場利用のチュートリアルを行う司会の長南さん。

画像

乾杯!

「正装」で会場を仕切っている司会の長南さん。
いつもありがとうございます。

画像

乾杯の挨拶は,いつもオフラインミーティングの司会を務めているお馴染みの長南さんにお願いしました。

そして乾杯と同時に,からあげにできる長蛇の列。Ubuntuオフラインミーティングでは,毎回「からあげが足りなかった」とよく言われているようです。筆者はここ数年不参加だったので,どうせみんなネタ的にオーバーに言っているんでしょ?と思っていました。しかし一通り会場の写真を撮影してから自分の分のからあげを確保しに行ったところ,鶏のからあげはほぼ売り切れていました。……からあげ,足りないと思います。

秒殺される,からあげたち。

画像

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。最近レンズ沼にハマる。