本誌からのお知らせ

WEB+DB PRESS連載記事「Rubyのウラガワ」を期間限定で無償公開(公開終了)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

新型コロナウイルスの影響で多くの学校が休校する状況を受け,『WEB+DB PRESS』で笹田耕一氏が執筆しており,現在も連載中の「Rubyのウラガワ」の第1回から第5回までの記事のPDFを,学習用に期間限定で無償公開します。

記事の概要やダウンロード先などは以下のとおりです。

記事名
Rubyのウラガワ ─⁠─ Rubyインタプリタに学ぶデータ構造とアルゴリズム
記事概要
本連載では,Rubyインタプリタという,実際に多くの人が利用しているアプリケーションを題材にしてデータ構造とアルゴリズムを学ぼうという趣旨で,その実装を紹介します。単なる実装の紹介だけではなく,なぜそのような選択をしているか,その背景を紹介できればと思っています。⁠Vol.110「連載のはじめに」より)
公開範囲
Vol.110(第1回⁠⁠~Vol.114(第5回)
公開期限
2020年4月5日まで

※期限が過ぎましたので、公開を終了させていただきました。

ご利用時の注意点,禁止事項
ご利用時の注意点,禁止事項は,弊社電子書籍サイトであるGihyo Digital Publishingの規約に準じます。
電子書籍・電子雑誌を読むときの注意点・禁止行為 | Gihyo Digital Publishing
※公開期限が過ぎたあとはダウンロードできなくなりますが,ダウンロードしたPDFは引き続きご利用が可能です。

バックナンバー

本誌からのお知らせ

  • WEB+DB PRESS連載記事「Rubyのウラガワ」を期間限定で無償公開(公開終了)

バックナンバー一覧