News Hot Line

ファシリテーションのスキルアップ書が日経新聞社より2冊刊行

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

どんな業種であれ,私たちはなにかしらのチームに所属して仕事をします。あなたのチームはチームとして機能しているでしょうか? 『チーム・ビルディング…』はチームを目的や役割などを共有し,協働意欲を高め,さらにコミュニケーションにより意思や行動を調整していくための枠組みとして捉え,そのプロセスであるチーム・ビルディングについて具体的に紹介しています。チーム・ビルディングは一朝一夕にはできません。継続的に行ってこそ,チームは変化し,成果を出すことができます。メンバー集め,スペース作り,アイスブレイクによるチームづくりの技法,さらに実践編としてシーン別に実施事項とポイントをわかりやすく解説しています。本書を読めば,皆さんのチームでも実践してみたくなることは請合いです。


皆さんはどのようにして会議を進めていますか? 出席者が配布資料を見ながら発言者の話を聞いて…というスタイルが多いかもしれません。会議・議論をもっと動的なものにし,出席者同士が互いにプラスに作用するような会議・議論の方法の1つがファシリテーション・グラフィックです。「話し合いを描く」ことによって,出席者の意識を集中させたり,発想を広げたりすることが可能となります。『ファシリテーション・グラフィック…』では,そのために何をどのようにして描いていったらよいのか,レイアウト,フォーマット,スペース設計をもとに紹介しています。ファシリテーターについても言及しています。

『チーム・ビルディング 人と人を「つなぐ」技法』

画像

著者:堀公俊,加藤彰,加留部貴行
ISBN 978-4-5323-1340-1
版型:A5版/222パージ 価格:2,100円(税込み)
発行: 日本経済新聞出版社

『ファシリテーション・グラフィック 議論を「見える化」する技法』

画像

著者:堀公俊,加藤彰/ISBN 978-4-5323-1288-6
版型:A5版/220パージ 価格:2,100円(税込み)
発行: 日本経済新聞出版社

コメント

コメントの記入