Ubuntu Weekly Recipe

第501回 Ubuntu 17.10リリース記念オフラインミーティング フォトレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

12月3日,グリー株式会社さん主催のもと,六本木にてUbuntu 17.10リリース記念 & Ubuntu Weekly Recipe 500回記念オフラインミーティング17.12が開催されました。今回はいつもと趣向を変えて,フォトレポートという形でイベントレポートをお届けします。

Ubuntuオフラインミーティングとは

Ubuntu Japanese Teamは主にグリー株式会社さん主催のもと,半年に一度「オフラインミーティング」を開催しています。

これはUbuntuが半年に一度4月と10月にリリースされるので,それにあわせてリリースパーティやりたいよねというのが,主な目的です。⁠パーティ」なので食べ物も出ますしお酒も出ます※1)⁠せっかくUbuntuユーザーが集まるのだからと前でセミナーをやっていたりしますが,別に後ろでセミナーの邪魔にならない程度の酒盛りをしていてもかまいませんし,なんなら手持ちのデバイスを広げて黙々とハッカソンを行っていてもかまいません。 そういう「ゆるめ」のイベントです。

※1
若い人も気軽に参加できるようにと,参加費は無料となるように心がけています。ただUbuntu Japanese Teamはただのボランティア集団です。過去に執筆した記事の原稿料・印税収入の一部やサイトのアフィリエイトなどをやりくりすることで,イベントを成り立たせています。

たまに勘違いされるのですがいわゆる「勉強会」ではありません。ただの「パーティ」です。リリースパーティでUbuntuについて勉強したり,日々の疑問を解消したいのであれば,積極的に詳しそうな人に話しかけたり,自分からセミナー発表に立候補してください。特に後者は主体性をもって調べなくてはならないため,⁠こうかはばつぐん」です。

ATNDのページにもあるように,今回のテーマは「 Ubuntuを利用するためのレシピ 」でした。2008年1月に連載を開始したUbuntu Weekly Topics/Recipeは間もなく連載10周年を迎えます。特にRecipeについてはインパクトのある第500回が12月6日に公開されています。本連載ではこれまで様々な役に立つ(かもしれない)レシピを届けてきました。これまでの連載や各個人の持っているレシピを肴に普段使っているUbuntuに関する話,Ubuntuとは直接は関係ないFLOSSの話などをネタに,普段出会わない人と気軽に歓談したいという思いからこのテーマに決めたのです。あ,ちゃんと17.10もお祝いするつもりでしたよ。

図1 参加者に配られたRecipe/Topicsのデコチョコ

画像

なお,これまでのオフラインミーティングの様子は,次の記事を参照してください。

今回はほぼ写真だけのレポートです※2)⁠きっとイベントの詳細は参加者の方々のブログに満ち溢れているでしょうから。

※2
「写真+ひと言コメント」のような体裁でもいいならRecipeにレポートを書いてもいいよという方,次回以降に司会が募集した時はぜひ立候補をよろしくお願いいたします。用語の確認,よく聞いてなかった・わからなかった部分のフォローアップなどはJapanese Teamで行いますので,未経験者でも安心です。

Ubuntu Weekly Topics/Recipe 10周年!

Ubuntuオフラインミーティングの魅力は,なんといってもからあげ多種多様なバックグラウンドを持つ登壇者によるセミナーです。UbuntuのようなLinuxディストリビューションは,OSそのものの用途が多岐に渡る上に,お仕事上の作業環境として使われることも多いため,とてもバラエティに富んだユーザーを獲得しています。

よってこれまでのオフラインミーティングのセミナーも,他のプラットフォーム的な特徴を持つソフトウェアのイベントと同じように,さまざまな用途で使われるUbuntuの話を聞くことができました。

今回はテーマがRecipeだったこともあり,Topics/Recipe関係の話がメインとなりましたが,他にもいくつかの発表を行ってくれる方もいました。

Ubuntu Weekly Recipe 500回記念ランキング

トップバッターは本連載の担当編集でもある高橋さんによるUbuntu Weekly Recipe 500回記念ランキング」⁠

図2 Topics/Recipeの成り立ち

画像

ランキングは記事公開後一ヶ月間のアクセスを集計したものと,全期間を集計したものの二種類でした。よって,残念ながら第500回などは対象外です。詳しくは発表資料をご覧ください。

特に日本語入力関連のように,比較的「万人に役に立つ」ような記事が多くランクインしました。これまでの連載約500回のうち,いくやさんと柴田が120回ずつと2人でおよそ半分を担当しているため,どうしてもこの2人の記事がランキングに入りがちです。そんな中,吉田さんの第76回 Ubuntuのソフトウェアファイアウォール:UFWの利用(1)や村田さんの第121回 Clonezillaを使ってハードディスクを丸々バックアップがランキングに入っていたり,編集者選として水野さんの第474回 UbuntuとdarktableではじめるRAW現像入門が話題にあがったりと,懐かしい記事から新しい記事までいろいろと紹介していました。

図3 日本語入力記事は毎回参考になります

画像

図4 今回もセミナー登壇者にお願いして恒例のじゃんけん大会を開催しました。高橋さんによる,じゃんけん

画像

ibus-skkをなんとかすっぺ会議

二番手はemasakaさんによるibus-skkをなんとかすっぺ会議」⁠

原稿によって送り仮名などのスタイルを変えなくてはいけないユーザーにとっては,SKKは特に手が離せないかな漢字変換システムです。ところが,libskkibus-skkは現在開発者を募集中だそう。SKKを好んで使っている方はぜひ。

(R)Markdownのみで音声つきスライド動画作成

三番手は前田さんによる(R)Markdownのみで音声つきスライド動画作成」⁠

すべてをR言語で解決しようとする「Rおじさん」が,RとRStudioを使えばスライドの作成から,執筆中の荒んだ心を癒やす動画の再生,さらには発表用のスライドにあわせて人工音声が発声する動画の作成まで行えるよと教えてくれる話です。

図5 さすがのRおじさんも,会場とのじゃんけんにはRではなく手を使っていました

画像

と書いておくと,次回あたりRStudioで音声つきじゃんけんする仕組みを作ってきてくれそうな気がします。

Canonicalの紹介

四番手はCanonicalの柴田さんによる「Canonicalの紹介」⁠

図6 Canonicalの柴田さんの発表

画像

Ubuntuを支えている企業としてCanonicalがいるということは本連載の読者であれば知っていることでしょう。しかし,実際にどんな仕事をしているのか,どんなサービスを提供しているのかはあまり知られていないようです。また日本だと,Red HatやSUSEに比べるとコミュニティの外での知名度が格段に低い印象です。そこで,どんな感じで働いているのかどんな人材を募集しているのか,という発表が行われました。

Canonicalで働く場合は英語が必須です。ただ今のところ一次面接は日本語であり,二次面接以降で英語で自分をアピールする形らしいので,⁠最初からペラペラである必要はない」とのこと。CanonicalのサイトのCareersから日本での募集中の求人を確認できますので,興味がある方はフォームから相談してみてはいかがでしょうか。

ちなみに求人に関係なく, Canonicalの企業向け商用サポート購入に関して日本語で問い合わせできる公式の窓口を用意したいとのことでした。

先日,その窓口である問い合わせフォームが設置されました

あの話はどうなった〜Ubuntu Weekly Recipeに見るUbuntuの歴史〜

最後はあわしろいくやさんによるあの話はどうなった〜Ubuntu Weekly Recipeに見るUbuntuの歴史〜⁠PDF)⁠

図7 いくやさんの発表

画像

いくやさんの発表では,執筆した記事を肴に「あのころはこうだったよね」⁠いまはこうだよね」とあれやこれやと話が展開されていました。

図8 いくやさんは乾杯の音頭もお願いしました

画像

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入