電脳会議Vol.193掲載書籍

次のページへ

  • スピードマスター 1時間でわかる Webライティング

    スピードマスター 1時間でわかる Webライティング

    本書は「1時間で読める・わかる」をコンセプトに制作された,まったく新しいタイプの実用書です。「1時間でなにができる?」と疑問を感じているかもしれませんが,知っておくべき必要な知識や操作それほど多くはありません。
    逆にいえば,本書で解説していることを,1時間しっかりと読んで理解することができれば,正しいライティングを行うテクニックとしては十分なのです。あとは実践あるのみです。

  • Excel ビジネスデータ分析 徹底活用ガイド[Excel 2019/2016/2013対応]

    Excel ビジネスデータ分析 徹底活用ガイド[Excel 2019/2016/2013対応]

    本書は,ビジネスの現場で本当に役に立つ,Excelデータ分析の手法と利用法を解説した書籍です。マーケティング,営業,管理などの現場でデータ分析を行う過程で生じる「この分析でどんな有用なデータが得られるの?」「この分析がどのような場面で役に立つの?」といった疑問を解決し,分析結果を最大限活用するためのノウハウを,応用事例を交えてていねいに解説します。ダウンロードしたサンプルデータで,各種データ分析をExcelで実際に体験することができます。

  • コスパ最強Web集客 ~あなたのホームページ,儲かってますか?

    コスパ最強Web集客 ~あなたのホームページ,儲かってますか?

    「あの集客法がいいっていうけど,ホントに効果あるの?」「業者にお金を払って集客をお願いしたけど,ちっとも成果が出ない……」

    そんな方のために,10年間1200社におよぶWeb集客の支援実績をもつ著者が,「本当に成果が出た」「無料で試せる」「だれもができる」手法だけを集大成。

    「多くのアクセスをもたらすSEO」
    「クリック率を上げるWebライティング」
    「コンバージョンを増やすランディングページ」
    「競合に差をつけるSNS活用」
    「成果を最大化するPDCAの回し方」
    「英語が苦手でもかんたんにできるインバウンド戦略と越境EC」

    までがこの1冊でわかる!

  • RPAのはじめかた ~ツールを見ながら巡る!RPAの楽しい世界

    RPAのはじめかた ~ツールを見ながら巡る!RPAの楽しい世界

    ムズカシイ話題は抜きにして,まずはRPAツールに触れてみること。
    そして,自分で作ったロボットが動く,その「楽しさ」を体感すること。
    それが,RPAを理解するための近道です!


    本書では,本物のRPAツールを見ながら「RPAの世界」をご案内していきます。ご紹介するのは,それぞれ異なった特徴を持つ,業界を代表するRPAツールたち。これらを横断して見ていくことで,「RPAという考え方」が少しずつわかってきます。

    また,各ツールを使ったロボット作りも,大きな画面でバッチリ紹介。シンプルなものからちょっと高度なものまで,多種多様なロボットを見ながら,「ロボットが動く楽しさ」を体感しましょう。無料のRPAツールもご紹介しているので,実際にロボット作りを体験することもできます。

    RPA総合プラットフォームメディア「RPA BANK」監修!
    「豊富な画面×イラスト図解×楽しい文章」でおくる,世界一わかりやすいRPA入門書です!

  • デザイン力を加速する! フリーフォントCOLLECTION

    デザイン力を加速する! フリーフォントCOLLECTION

    さまざまなデザインや制作物・作品に使用できるフリーフォント,その中でも特に人気のあるデザイン性の高いフリーフォントを約300書体収録しました。
    また,フォントの仕様とともに,フリーフォントを使用したデザインサンプルを掲載しているので,収録フォントの使い方がイメージできます。
    商用利用の可否もわかるので,自分の使用したい媒体に合わせてフォントを選んで使うことができます。
    アマチュアでもプロでも,クリエイティブな作品作りの現場で役立つフリーフォントCOLLECTIONです。
    フォントは付属CD-ROMに収録してあり,WindowsおよびMac対応です。
    なお,フォントによっては,Windowsのみ,Macのみの対応となります。

  • PowerPoint 資料作成 プロフェッショナルの大原則

    PowerPoint 資料作成 プロフェッショナルの大原則

    プロフェッショナルの資料作成のルールはここにある。
    「元外資系コンサルによる人気講座をまるごと書籍化」
    「これ1冊あれば,資料作成の本を買う必要はありません!」
    「コンサルタントのテンプレートがすべてダウンロード可能!」

    ◆「働き方改革」が叫ばれる中,「わかりやすく,論理的で,説得力のある」資料を使い,効率的にコミュニケーションをとることがますます求められています。

    ◆資料作成において重要なのは,「ルール」を習得することです。「ルール」を理解すれば,「伝わる」資料を,「効率的」に作成できるようになります。本書では,コンサルの作成する資料に共通するルールを抜き出し,「154個の原則」にまとめました。これらの原則を学ぶことで,誰もが外資系コンサルタントのような洗練された資料を早く作ることができます。

    ◆著者は,外資系コンサルティング会社出身です。2日間の資料作成講座は2010年の開始以来,毎回キャンセル待ちが出るほどの人気講座となり,「受講者は1,000名」に迫ります。東京のみならず,大阪,福岡,鳥取などでも開催しています。著者のコンサルタントとしての経験やスクールで得られた「現場目線での知見」がふんだんに盛り込まれた本です。

    本書の特徴

    ①スライド構成から情報収集,図解,グラフ,印刷,資料配布まで,
    すべての流れが1冊にまとめられた資料作成の決定版です。「もう資料作成の本を買う必要はありません」

    ②デスクに置いておけば,「辞書的にいつでも」プロのワザを参照できます

    ③「154個」の厳選されたルールがテーマごとにまとまっており,プロフェッショナルののコツを簡単に習得できます

    ④プロの提案書の作成事例が掲載されているため,「ルールの実際の使い方がわかります」

    ⑤資料作成の背景にあるロジカルシンキングの考え方から,具体的なPowerPointの操作方法までがルールとして示されているため,「その日からすぐに使えます」

    ⑥本書で紹介されている「ストーリーライン作成シート」「スライドテンプレート」「サンプルスライド」「クイックアクセスツールバー設定」のすべてがダウンロード可能です

    こんな人におすすめ

    • 経営企画,マーケティング,広報,財務などの企画・管理系部門の方,または目指されている方
    • 企画書や提案書を作成する営業職の方
    • コンサルタントなど,プロフェッショナル系の業務についている方,または目指されている方

    内容の抜粋

    ◆資料作成はビジネスパーソンの「必須スキル」
    原則004 正しいPowerPoint資料作成を会社は教えてくれない

    ◆「人を動かす」「1人歩きする」資料を「早く作る」ことが重要
    原則009 「1人歩きする資料」で自分の分身を作る

    ◆外資系コンサルの「作業環境」を再現する
    原則013 クイックアクセスツールバーで「作業を高速化」する

    ◆資料の目的を「4つのステップ」で考える
    原則019 STEP③「自分の見られ方」を分析する

    ◆STEP1「スライド構成」を決定する
    原則025「4つの要素」でスライド構成を考える

    ◆情報収集のための「仮説」を作る
    原則033 仮説作りは「フレームワーク」を活用する

    ◆レイアウト作成は「スライドマスター」を活用する
    原則044 「アウトライン」にストーリーを落とし込む

    ◆図形は情報とイメージを「シンプルに表現」する
    原則055 具体は「四角」・抽象は「楕円」で表現する

    ◆センス無用!配色には「ルール」がある
    原則060 配色は「色相環」で決める

    ◆箇条書きは「階層構造」が肝
    原則073「因果・詳細・事例」で階層を作る

    ◆伝わる基本図解は「6種類」から選ぶ
    原則081 スライド情報の「ロジックツリー」を図解に落とし込む

    ◆伝わる応用図解は「6種類」から選ぶ
    原則093 応用図解⑤ 位置づけを整理する「4象限型」

    ◆「追加の表現」で図解をもっとわかりやすくする
    原則104 図解の内容を「クリップアート」で視覚化する

    ◆伝わるグラフは「5種類」から選ぶ
    原則114 原因と結果を示す「散布図」

    ◆「資料の流れ」をわかりやすくする
    原則133全体の流れを「パンくずリスト」で示す

    ◆外資系コンサル流「資料説明・プレゼン」のコツ
    原則147 「ホワイトアウト」で注目を集める

  • ヘルプサイトの作り方

    ヘルプサイトの作り方

    単機能なプロダクトではヘルプサイトは必要ないかもしれませんが,機能が増えると,チュートリアルやヘルプなどによるフォローなしにはユーザーがプロダクトを使いこなすことが難しくなっていきます。また,ユーザーに長くプロダクトを利用してもらうためには,機能追加などに伴いヘルプサイトを継続的に改善していくことが必要です。本書では,ユーザーが知りたい情報を得ることができ,ストレスを感じずに参照できるヘルプサイトの作成方法を解説します。サイト全体の設計から,具体的な記述方法,検索で見つけやすくする方法,ユーザーのフィードバックを受けての改善方法まで,ドキュメント作成の専門チームに所属しているエンジニアがそのノウハウを解説します。

  • 生命科学データ解析を支える情報技術

    生命科学データ解析を支える情報技術

    遺伝子配列解読装置のハイスループット化にともない,膨大な量の生命科学データが生み出されています。このデータはオープンデータとして提供されており,利活用ははじまったばかりです。
    この生命科学データを解析することによって,将来がんになりやすいかどうかはある程度予測可能になっています。たとえば2013年アンジェリーナ・ジョリーによる「乳がん予防のための乳房切除」が話題となったことは記憶に新しいでしょう。このように得られたDNA配列がどういった特徴を持っているかデータベースに登録されたデータと照合していち早く治療方針を決める時代がきています。
    生命科学データ解析では,最新の技術が応用されていることはあまり知られていません。本書では,エンジニアに向けて生命科学データを扱う技術の面白さとバイオインフォマティクスのいまをやさしく解説します。

  • やってみよう! 機械学習

    やってみよう! 機械学習

    月刊誌『Software Design』の特集や単発企画で評判の良い,機械学習とPython関連の記事を再編纂。機械学習・深層学習に取り組んでいる開発現場のITエンジニアが自身で試して学んだことが記事のベースになっており,いま押さえておくべき技術を習得する足がかりとして最適です。

    著者一覧

    黒柳敬一,氏原淳志,竹野峻輔,樽石将人,久保光証,米田武,シバタアキラ,小川幹雄,木村優志,泰昌平,井上祐寛,小川雄太郎,藤原秀平,飯塚修平,足立昌彦,長谷川猛,有山圭二,山口祐,鈴木たかのり,福島真太朗,石本敦夫,くーむ,@driller,片柳薫子,中井悦司

  • はじめてのAmazon Echo 2019 最新版 Show/Spot/Plus/Dot対応

    はじめてのAmazon Echo 2019 最新版 Show/Spot/Plus/Dot対応

    人気のスマートスピーカーAmazon Echoに大画面付きのEcho Show,新世代PlusやDotなど,新モデルが続々登場し,活用の幅がさらに広がっています。本書では,12月12日発売の大画面付きEcho ShowでPrime VideoやYouTubeを見たり,画面を見ながら買い物をする,あるいは9月から利用可能になったEcho同士あるいはEchoとスマホのAlexaアプリ間で通話やテキストメッセージのやりとりといった新しいサービスも含め,新世代Amazon Echoの使い方を基本的なことから,生活を便利にしてくれるさまざまな活用法まで,わかりやすく解説します。

  • Apple CarPlay 100%活用ガイド

    Apple CarPlay 100%活用ガイド

    iPhoneをカーナビと接続して利用する機能「Apple CarPlay」の使いこなし方法を解説しています。目的地までの経路を確認するなどのカーナビ機能だけでなく,iPhoneで聞いていた曲を自動車の中でも楽しめるようにする方法などを解説しています。

  • 新・標準プログラマーズライブラリ アルゴリズム はじめの一歩 完全攻略

    新・標準プログラマーズライブラリ アルゴリズム はじめの一歩 完全攻略

    アルゴリズムは,特殊な才能がある人だけが考えるものではありません。しっかりと基本をマスターすれば,誰でも考えられるようになるものです。本書は,プログラミングを支える強力な基礎=アルゴリズムをマスターするために,本のはじめから終わりまで,徹底的に丁寧に説明します。「ソート」「計算量」から,「二分探索木」「ハッシュ表探索法」「動的計画法」「遺伝的アルゴリズム」と,理解を積み重ねながらステップアップ。最終的には,挿入法や二分探索法のプログラムが自力で作れるようになり,基本情報技術者試験の午後問題レベルの問題が十分解けるようになります。

次のページへ